美音咲月 2019年7月25日号

執念のサヨナラ勝利を決めた広島 あの“アンタッチャブルレコード”も回避?

掲載日時 2019年06月21日 11時40分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

執念のサヨナラ勝利を決めた広島 あの“アンタッチャブルレコード”も回避?

 広島・マツダスタジアムで20日に行われた広島対ロッテの一戦。ここまで連敗を喫していた広島が「7−6」で勝利し、なんとか同一カード3連敗を逃れた。

 プロ初出場・初先発を果たした小園海斗の初打席初ヒットで幕を開けた試合は、広島が序盤3回までに5得点。6回裏には鈴木誠也に18号ソロも飛び出し、6点リードで試合を優位に進めていた。

しかし、直後の7回に一岡竜司、中村恭平が打たれ4点を失うと、8回はレグナルト、9回はフランスアがそれぞれ失点。終盤の3イニングで、一気に同点に追いつかれてしまう。

 6点リードを守れなかった広島だが、その裏、菊池涼介の四球を皮切りに、二死満塁のチャンスを作る。この場面で會澤翼がサヨナラとなるタイムリーを放ったことにより、延長戦に突入する前に何とか試合を決めることとなった。

 大勝ムードから一転、薄氷の勝利となった広島。今回の試合を受けたファンからは、「形は悪いけど、とりあえずは勝てて良かった」、「このまま負けるかと思ったがよく踏ん張った」、「中継ぎ陣は反省して次に活かして」といったコメントが寄せられている。

 一方、前述したコメントの中には「これで交流戦歴代最低勝率はなんとか免れた」という内容も。交流戦の歴代最低勝率はDeNAが2015年に記録した「勝率.176」(3勝14敗1分)だが、この記録の再現を恐れていたファンも少なくなかったようだ。

 同年のDeNAはセ首位で交流戦に突入するも、期間中に記録した白星はわずか3勝。また、6月3日ソフトバンク戦から14日日本ハム戦まで、引き分けを挟んで10連敗を喫するなど大不振に陥っていた。

 交流戦最下位に沈む広島は、20日試合前時点で「3勝9敗1分・勝率.250」。残り4試合で全敗を喫すると、DeNAと並ぶワーストタイ記録が樹立されるという状況だった。

一部ファンの間では、“アンタッチャブルレコード”とも呼ばれている交流戦歴代最低勝率。今回のサヨナラ勝利は、それを回避できたという意味でも大きな1勝となったのかもしれない。

文 / 柴田雅人

関連記事
またもや「Vゼロ%」の危機!緒方カープ大失速の敗因は…
「福島なら当たったかも」テリー伊藤、オリンピックチケット当落発表\のコメントが“差別”と批判相次ぐ
23日の中日対日ハム戦の噂\も…「吉田輝星VS根尾昂」の早期実現は望み薄のワケ
巨人のメンツが丸つぶれ? 侍ジャパンの“新プラン”に波紋
日ハム・上沢、巨人・マシソ\ン…同日に7選手も負傷? アクシデントが多発した悪夢のような1日

スポーツ新着記事

» もっと見る

執念のサヨナラ勝利を決めた広島 あの“アンタッチャブルレコード”も回避?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP