和地つかさ 2018年9月27日号

日本ハム 大物ルーキー・清宮と主将・中田翔が早くも冷戦突入

掲載日時 2018年02月23日 16時00分 [スポーツ] / 掲載号 2018年3月1日号

 「スターの到来」に、チームの主将までブンムクレ…。北海道日本ハムファイターズの米アリゾナキャンプは“波乱続き”だった。開幕投手候補にも挙げられていた有原航平(25)が右肩の故障でリタイアすると、今度は打線の主軸である中田翔(28)が右肩の違和感を訴え、スローイング回避の別メニューとなった。

 「故障」といえば、渡米直前、黄金ルーキー・清宮幸太郎(18)までもが右手親指を痛めるアクシデントに見舞われている。
 「打撃練習は回避してきましたが、清宮は1月の入寮以降、ハイペースで練習を続けており、首脳陣も『パンクしてしまうのでは?』と心配していたんです。打撃練習をさせなかったのは、ペースダウンさせる意味もあったようです」(スポーツ紙記者)

 その清宮が“フルスイング”を許可されたのは、2月10日だった(現地時間)。守備練習後、打撃ゲージに入り、30スイング。その後、ティー打撃を少し行ったが、その間、栗山英樹監督(56)、緒方耕一野手総合コーチ(49)、トレーナーらはジッと見守っていた。
 「痛みの再発ではなく、黄金ルーキーの打撃練習を見たかったというか…」(現地入りした取材陣の1人)

 まさに、“過保護”。ドラフトのクジ運の強さが光る日ハムでは、これまで中田、斎藤佑樹、大谷翔平といった、その時の「ナンバー1の注目選手」を獲得して、春季キャンプが注目されてきた。しかし、ここまで優しく接してもらった新人は、初めてではないか。
 「大谷は二刀流だったので、投手と野手の練習場を行ったり来たりしていました。どこに移動すればいいのか分からず、オロオロしていても、担当コーチは怒鳴るばかり。中田もベテラン野手の中でオドオドし、萎縮していましたね」(当時を知る関係者)

 打撃練習を再開させた日の午後は、韓国プロ野球KTとの対外試合が行われた。清宮は途中出場で2イニングだけ守備に就き、打順がまわってきたところで代打を送られ、ベンチに下がった。あえて守備だけだったのは、プロの雰囲気、実戦感覚を植え付けるためだという。
 「清宮中心のチーム作りが始まっている」
 そう受け取った関係者は少なくなかった。

 これにブンムクレたのか、ご機嫌斜めなのが、中田だ。中田は今季より主将を務めている。いわば、チームのまとめ役だ。その自覚があれば、多少の怪我くらいなら、グラウンドの中心に立って声を張り上げるくらいのことはしてもよさそうだが、アリゾナではそういったシーンは見られなかった。
 「オレの口からは言えないこともあるからさぁ〜」
 ノースロー調整の始まった5日(現地時間)、怪我の状況を質問した記者団に、そう顔をしかめていた。

 取材がうっとうしかったのか、それともムシの居所が悪かったのか。とにかく機嫌が悪かったという。
 「中田という男は、いい意味で分かりやすいんです。去年の今頃はワールド・ベースボール・クラシックがあったのでハイペースで調整していました。『侍ジャパンの4番を託される』、という期待が中田をヤル気にさせたんですね。去年と今年とでは全然違う。モチベーションの違いとはいえ、今の彼をヤル気にさせるものがないんでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 ご機嫌斜めの理由は、マスコミの関心が黄金ルーキーに集中しているからというだけではなさそうだ。「清宮絡み」でコンバートの話まで出ているのだ。
 「中田は外野に飛ばされそうです」(同)

 実戦感覚を植え付けようとする首脳陣の動向からして、清宮は1年目から使うつもりなのだ。ドラフト前から指摘されていたことだが、清宮の守備には課題が多い。ハッキリ言って、ヘタクソだ。
 その清宮を試合に出すには早実時代に慣れ親しんだ一塁か、指名打者しかない。日ハムの一塁手といえば中田だった。
 「首脳陣は『投手大谷』よりも『打者大谷』の喪失の方が大きいと見ています。新外国人選手のオズワルド・アルシアが指名打者で入るでしょう。外野を守って打撃が開花した近藤健介を捕手に再コンバートする話まで出ています」(同)

 一塁は清宮、指名打者は新助っ人。若手時代、中田はレフトを守っていた。
 「左遷のイメージですが、中田は昨年オフ、FA権を行使しなかったのは、セ・リーグ各球団の評価が低かったから。マイナス要因は一塁しかできないと思われたからです。外野ができるのなら、中田の評価は急上昇するはず」(球界関係者)
 素直な態度を見せ、外野転向も受け入れれば、VIP待遇での移籍も可能というわけだ。

 もっとも、先の故障で中田はスロー調整となった。出場機会に飢えている清宮が勢いで爆発する可能性もあるだけに、開幕時の主役はやはり、黄金ルーキーということになりそうだ。

関連タグ:北海道日本ハムファイターズ 野球

スポーツ新着記事

» もっと見る

日本ハム 大物ルーキー・清宮と主将・中田翔が早くも冷戦突入

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP