“ホリエモン新党”に「何も知らんので絡まれても困る」 堀江氏、N国・立花氏の会見に「合意してません」

社会・2020/05/27 12:21 / 提供元 リアルライブ
“ホリエモン新党”に「何も知らんので絡まれても困る」 堀江氏、N国・立花氏の会見に「合意してません」
閉じる

 5月26日、N国こと「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表が東京都庁・記者クラブで記者会見を行い、「ホリエモン新党」の概要について説明を行った。立花氏は今回の東京都知事選へ出馬を予定しているが、その目的はあくまで堀江氏を合法的に応援するためであり、自らが「当選する気はない」と述べた。

 記者からは、新党の立ち上げに関して、堀江氏との関わりについて質問が相次いだ。立花氏は「そもそも許可がいるのかと言えば、いるわけではない」と述べ、堀江氏と連絡を取っているとも話した。

 当然、この会見を受けて、堀江氏の元には、立花氏との関係や出馬の有無を問い質す一般ユーザーからのメンションが殺到した。

 まず、会見で港区長選挙に立候補する柏井茂達氏が、堀江氏から「命令に近い指示のような感じがあった」といった発言を行った件に関して、一般ユーザーから質問が寄せられると、堀江氏は「命令も指示してません。自主的に立候補されたのだと思います。合意もなにもしてません笑」と否定した。

 そして、ほかのユーザーからの質問にも、「ええと、俺は特にメリットないですね笑。俺何も知らんので絡まれても困る」とコメント。さらに、25日には弁護士の宇都宮健児氏が3度目の都知事選出馬を表明。そのため、現職の小池百合子都知事や、宇都宮氏の足元にも及ばないといった批判的なコメントを寄せるユーザーには「たぶんそうだろうね笑」と、これまた笑いを交えて返している。すべてのコメントに「笑」を付けているところは、意味深な「匂わせ」発言と取れなくもない。

 同日のYouTube動画では、2021年の「リモートオリンピック」開催案を提言。観客はパブリックビューイングとし、個人競技もリモート開催してはと具体案を語っている。

 ただ、それでも堀江氏の出馬に関しては、一部のマスコミが報じたのみであり、本人は明確に出馬を明言していない。ネット上では「この先どうなるか気になる」「橋下徹の『2万%ない』を思い出した」といった声が聞かれた。今後の動向にも、引き続き注目であろう。

記事内の引用について
堀江貴文氏のツイッターより https://twitter.com/takapon_jp

関連記事
社会新着記事