園都 2018年6月28日号

銀座クラブで酒乱の日馬富士を硬直させた西川史子「大立ち回り」

掲載日時 2017年12月01日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年12月7日号

 今回の一件では、日馬富士と意外な人物の間での出来事も注目されている。“美人タレント女医”の先駆けでもある西川史子(46)が5年前に起こし、当時、本誌でも報じた、日馬富士同席の高級クラブでの“泥酔騒動”だ。

 高飛車キャラでタレント活動をしていた当時、「年収4000万円以下の男とは付き合わない」と豪語していた西川は、福祉関係の会社役員と2010年に結婚。しかし、その相手の収入が西川の発言とあまりにかけ離れていたため、早々に離婚危機が囁かれ始めた。
 「'12年8月に女性週刊誌に“離婚危機”が報じられたのですが、西川は出演した『サンデー・ジャポン』(TBS系)で完全否定した。しかし約1カ月後、銀座の高級クラブで、あの騒動が起きたんです」(バラエティー番組スタッフ)

 その時は、7月場所で全勝優勝を果たしていた日馬富士がタニマチのA氏と連日豪遊し、西川もそこに同席していた。
 「A氏はいつも屈強なボディーガードを連れ高級外車で銀座を訪れる、いかついイメージ。そんなA氏が日馬富士と西川を連れて飲み歩いていたので、何も起こらなければいいがと心配していた。日馬富士は9月場所の真っ最中でしたが、3夜連続で銀座のクラブをハシゴし、西川もその3夜に付き合ってるという。既婚者がそのような生活を送っていること自体、夫婦関係が破たんしているとは思いましたよ」(クラブ関係者)

 そんな豪遊の3日目に、騒動は起きたという。
 「3人を含めた計7、8人で銀座8丁目の某クラブに入店して、飲み始めてしばらく経ってから、酔っ払った西川が店のスタッフにいきなり『テメェ!』とか『ふざけんな!』と言い放ち、暴走し始めたんです。その様子に、A氏も日馬富士も、硬直状態でしたよ。そうかと思えば、西川は突然泣き出して、さらに手が付けられない状態になる始末。最後はかなりの泥酔状態で席から立ち上がることもできず、抱きかかえられながら店を出てA氏の車に押し込まれて帰ったんです」(同)

 結局、西川は'14年1月に離婚が成立。11月19日放送の『サンデー・ジャポン』では当時のことについて、大暴れしたことを否定しながらも「この記事のせいで離婚が早まった」と笑いを誘っていたが、少しばかり顔が引きつっていましたよ、西川センセイ!

芸能新着記事

» もっと見る

銀座クラブで酒乱の日馬富士を硬直させた西川史子「大立ち回り」

Close

▲ PAGE TOP