園都 2018年6月28日号

葉月里緒奈 “同居離婚”発覚の陰で囁かれる「魔性の女」復活

掲載日時 2018年02月08日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年2月15日号

葉月里緒奈 “同居離婚”発覚の陰で囁かれる「魔性の女」復活

 「もし妊娠したら、どっちの子か分からなくなります」(芸能レポーター)

 元祖“魔性の女”と言われている葉月里緒奈(42)の不思議な(?)男関係が明らかになった。
 「前夫と復縁しつつも、今の恋人ともうまくやっているというのです。これって“変則3P”ってことになりませんか?」(芸能ライター)

 「好きな人にたまたま奥さんがいただけ」という“名言”を残した真田広之との不倫やイチローと浮き名を流し、'98年には1度目の結婚をしたハワイ在住の寿司職人とわずか2カ月でスピード離婚するなど、かつて、大いにワイドショーを騒がせた葉月。
 「夫を寝取られ、離婚を余儀なくされた手塚理美は、今でも葉月を許していません。“ひっぱたいてやりたい”という気持ちでいて、もちろん、“共演NG”です」(テレビ局関係者)

 '04年、不動産会社御曹司のA氏と再婚し長女を出産して以来、芸能界の第一線を離れ、都内の高級住宅街にある地下1階、地上3階の大豪邸で悠々自適の日々をすごしていた。
 「結婚をする際の条件は、ただ一つ。“私は何もしない”ということでした。豪邸の費用や生活費はすべてA氏持ち。彼女はヨガに行ったり、ママ友とショッピングしたりと、主婦らしいことはまったくしませんでした」(芸能ライター)

 そんな葉月に“異変”が起こっていたことが明らかになったのは、昨年5月のこと。
 「一部芸能マスコミが、A氏と'15年に極秘離婚していたと報じたのです。長女はA氏の元に残り、彼女には、ジュエリー販売会社社長のB氏という新恋人の存在も明らかになったのです」(ワイドショー芸能デスク)

 そして、今、葉月はA氏とヨリを戻して、また一緒に暮らし始めたというのだ。
 「実は、正確にはA氏とは7年前に離婚し、その後、籍を抜いたまま元夫宅に娘とともに同居していたというのです」(芸能ライター)

 ところが昨年、B氏という恋人ができ、娘を捨ててB氏宅へ転がり込んだものの、またA氏宅へ出戻ったというのだ。
 「でも、B氏とは現在もラブラブで、近く入籍する可能性もあると彼女は話しているんです。もう、何が何だかよく分かりませんよ」(芸能レポーター)

 とにかく、魔性の女が見事に復活したということだけは確かなようだ。

芸能新着記事

» もっと見る

葉月里緒奈 “同居離婚”発覚の陰で囁かれる「魔性の女」復活

Close

▲ PAGE TOP