菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 川上麻衣子(51) 「淫乱度」満点の名器女優!?

掲載日時 2017年11月02日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年11月9日号

 今回は、ガラス工芸作家としても活躍している、女優の川上麻衣子。先頃、出演の舞台『だんじり囃子』の公演パンフから、一般人男性と交際中であることが知られるところとなった。
 若い頃から言い難い魅惑で男性の淫心を駆り立て、五十路となった現在もそのエロスの引力は衰えていない。10代でヌード写真集(撮影・篠山紀信)を出し、瑞々しい裸身とあどけないマスクに、「お世話」になった、という中高年男性は少なくないのでは?

 おちょぼ口に、ふくよかな頬、未発達な豆アゴと、幼児性を残した顔相は、男性に保護欲を起こさせるモテ相。女性度も高く、M傾向の性感を示す。
 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)が今も豊かで、セックスのポテンシャルは高い。若い頃は太く濃い眉だったが、今はかなり細く長く、作りも薄くなって、加齢とともに好色性が高まっている。
 加えて彼女は田宅(上瞼)がとても広く、熟女の年代になって淫蕩性が増す相。豆アゴの相も同様で、眼光に水気を含んだ艶がのっていることも多く、(結婚する、しないに関わらず)男性との愛情生活は必須で、今回の交際報道は健全さの現れとも言える。
 古来、相学において、おちょぼ口女性はセックスで男性を失望させることはない――と説かれてきたのは、名器度が高いこともあるが、何よりその小心さゆえに男性主導のセックスに抵抗せず服し、交わりの際の振る舞いや情緒がたおやかで、結果、男性に豊潤な愉楽をもたらすためだ。この男性側が受けるエロスの上質さも考量し、【淫乱度】は満点の「5」となった。

 小口ながらエラはそこそこ張っており、金甲(小鼻)が丸々と豊かで、スタミナは中の上。【絶倫度】としては「3」。
 明らかな尻軽相はないものの、小口と豆アゴが、自我の弱さにつけ込まれて男性のペースに巻き込まれ易い相。若い頃は広めだった眉間が、現在は狭くなっていて、こちらは逆に抑制力がアップ。耳が大きく、安定(結婚)指向の女相で、トータルで観て、【尻軽度】は「2」寄りの「3」。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前の溝は平凡ながら、ぽってりと厚い唇のおちょぼ口で、口元の肉付きもよく、【名器度】は「4」と高い。
 豊かな金甲があげまん相で、眉が吊り上がりでないところもプラス要素。反面、口相と臥蚕相がマイナスで、最も重要な眼形があげまん相ではなく、【あげまん度】は「2」。

 彼女は下停(鼻下からアゴ先まで)相が弱く、晩年運に不安を残す。交際相手の男性が、その弱いところを補う顔相(口が大きい・下アゴがしっかりしている・下停が長い、など)であれば、和合の度合いは増し、運勢も補填される。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 川上麻衣子(51) 「淫乱度」満点の名器女優!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP