美音咲月 2019年7月25日号

爆笑太田、謹慎の宮迫を「ムショ帰り決死隊」と揶揄も“反社会勢力と芸能界”の歴史にも言及

掲載日時 2019年06月26日 12時59分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

爆笑太田、謹慎の宮迫を「ムショ帰り決死隊」と揶揄も“反社会勢力と芸能界”の歴史にも言及

 6月25日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、闇営業事件で芸能活動を謹慎した雨上がり決死隊の宮迫博之イジりが見られた。番組冒頭、太田光が「ムショ帰り決死隊の……」と話し始め、自ら「そりゃダメか、捕まったわけじゃないか」とノリツッコミを見せ、これには田中裕二も「別に罪を犯したわけじゃないからね」とフォローした。

 続けて、太田は「犯罪集団とどっぷりズブズブだったんだろ。金もらっているんじゃねぇかと思っていたんだけどね。宮迫に会ったら『もらっていたなら言ったほうがいいよ』と助言しようと思っていたんだけど」と一連の事件を振り返った。やはり、最初にノーギャラだったと釈明してしまったことが、問題を大きくしてしまったのは確かだろう。

 また、太田は素朴な疑問として、「あいつがパーティーに行ったのが、(詐欺集団が)捕まる半年前なわけ。その時点で捕まっていないわけ。それはやっぱりダメなのかね? その時はわからないわけじゃない」と同情気味の意見も寄せた。さらに、雑誌など各メディアで自称元詐欺集団の幹部が登場し、「彼は知っていたはずだ」とコメントしていることに、太田は「お前詐欺集団なんだろ。信用できるのか」とツッコみ、笑いを誘っていた。

 太田は芸能の歴史にも触れ、「昔の興行で村祭に呼ばれて、そこで仕切っているのが地元のヤクザだったりする。昔はショバ代はもらうが、カタギには手を出さない」仁義があったとし、「そもそも芸能ってそういうところから来ているから」と、急にコンプライアンス意識を強める今の芸能界やメディア業界に疑問を持っているようだった。

 これには「こういう踏み込んだ議論はラジオならではだな」「テレビでフォローした芸人仲間が叩かれてるけど、本音の部分ではあるよな」といった声が聞かれた。太田が指摘する「そもそも論」の確認は重要ではあろう。

関連記事
ジャニーズ、“重大発表\”は先延ばし? 関係各所が頭を悩ませていることとは…
闇営業で謹慎処分の芸人、なぜ「一発屋」が多い? 今後は“副業”がメインとなるか
子犬の口を2週間縛り付け大怪我をさせた飼い主の女、逮捕 身勝手な動機に怒りの声相次ぐ
“豪邸のローン”に心配の声「闇営業問題」最もダメージが深刻なのはザブングル加藤か?
サバンナ高橋「気持ちは分かる」発言に“謹慎処分の芸人を擁護”と批判 憔悴した顔に心配の声も

芸能新着記事

» もっと見る

爆笑太田、謹慎の宮迫を「ムショ帰り決死隊」と揶揄も“反社会勢力と芸能界”の歴史にも言及

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP