紗綾 2019年8月1日号

十勝岳も活発化 酷似する貞観時代からわかる巨大地震・巨大噴火危険地帯

掲載日時 2014年12月31日 12時00分 [社会] / 掲載号 2015年1月1・15日号

 「M9クラスの3・11の東日本大震災といい、すでに現代が平安の貞観時代と同じ、巨大地震や巨大噴火が相次ぐ状況に戻りつつある事は地震学者の常識です。今後も大きな地震でプレートのストレスが取り除かれない限り、活動期は続くでしょうね」
 こう語るのは、琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏。
 気象庁は先ごろ、北海道の十勝岳で火山活動が高まっているとして、5段階ある噴火警戒レベルを平常の1から火口周辺規制の2へ引き上げた。さらに福島県の吾妻山も同じくレベル2に上昇。日本列島の地下活動は不気味さを増すばかりだ。

 木村氏の言う天変地異が相次いだ貞観時代(855年〜877年)とは、どのような地下活動があったのか。
 「三陸沖で発生した貞観地震の5年前、864年には富士山の大噴火が起きている。その前年には越中越後地震(推定M7)、871年には山形県と秋田県に跨がる鳥海山での噴火、加えて878年に相模・武蔵野地震(推定M7.4)も発生している。西日本を見ても、868年にM7クラスの播磨地震(兵庫県南西部)、887年に南海トラフ巨大地震と推定される仁和地震が発生しており、日本列島全体が揺れ続けていた時代でした」(サイエンス記者)

 同時期、874年には鹿児島の開聞岳が大噴火しており、現在においては霧島、阿蘇山に危険な兆候が出ているだけに気がかりだ。
 「南海トラフは1946年に発生した南海地震でストレスが取れているため、私は当分大きな地震が起きる可能性は低いと考えます。それより心配なのは、伊豆小笠原を震源とする巨大地震と富士山噴火。さらに、北海道の釧路沖、鹿児島県の東方沖もストレスが溜まっているため要注意です」(前出・木村氏)

 12月19日に政府の地震調査委員会が発表した「全国地震動予測地図」の最新版では、今後30年の震度6弱以上の発生確率が、関東地方を中心に20%近く跳ね上がるというデータも出ている。
 貞観時代の再来となれば、もはや日本に安全といえる場所は無いのかもしれない。

関連タグ:地震


社会新着記事

» もっと見る

十勝岳も活発化 酷似する貞観時代からわかる巨大地震・巨大噴火危険地帯

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP