長澤まさみ 本誌既報通りエッチ交際継続中 女優引退で反抗か

芸能・2014/05/29 14:00 / 掲載号 2014年6月5日号

 長澤まさみ(26)がテレビ番組で「女優引退決意」をした過去を告白し、波紋が広がっている。

 本誌5月22日号スクープ通り、2月に一部で破局が報じられた伊勢谷友介との関係は、水面下で続いていた。『女性セブン』が2人の食事デートや腕組み姿を写真入りで報じたのだ。
 「'12年秋ごろ交際開始した2人ですが、伊勢谷のDV報道が出たこともあり、長澤の事務所や父親らが猛反対。2月、事務所サイドと親しいスポーツ紙が『破局』と報じた。しかし、2人はネットテレビ電話『スカイプ』で連絡をとりあったり、隠密デートを続けていました」(芸能関係者)

 強制破局を狙う事務所サイドへの反抗は、爆弾発言としても飛び出した。5月10日放送『サワコの朝』(TBS)で、'04年公開映画『世界の中心で、愛をさけぶ』でヒロインを務めた後のある時期に、女優引退を考えたことを告白したのだ。
 「周囲の期待が強まったことで重圧を感じたといいます。司会の阿川佐和子から、当時辞めちゃおうと思ったか突っ込まれると『思いました』と認めたのです。伊勢谷との純愛に反対する事務所に対し“いつだって女優なんか辞めてやる”という牽制だったことは確実です」(芸能ライター)

 最近、露出による反発も見せている模様。5月14日からヒロインを務める映画『太平輪』(ジョン・ウー監督、公開時期未定)プロモーションで仏・カンヌ国際映画祭に出席。悩殺衣装で登場し、世界の映画関係者を大興奮させたのだ。
 「伝統あるカンヌのレッドカーペットを歩いた長澤は、豊満なFカップの下乳を露出したドエロドレスで登場。うっすら乳首が透けていたというノーブラ疑惑証言も相次ぎ、各国の俳優、映画関係者をフル勃起させました」(映画関係者)

 長澤は公開中の日本映画『WOOD JOB!』プロモーション活動でも“パンチラ”を披露するなど、ある覚悟をのぞかせている。
 「情報番組で同映画のPR取材を座った姿勢で受けたのですが、超ミニスカで美脚の奥が丸見え。黒いパンティーが映り続けるラッキーな“放送事故”が起きた。これも交際に反対する周囲に“何も怖くないわよ”という意思表示でしょう。このまま事務所サイドが交際反対を続ければ、『太平輪』公開後あたりに伊勢谷との中出し婚に踏み切ってもおかしくない」(同)

 もっとエロ反抗して!

関連記事
芸能新着記事