菜乃花 2018年10月04日号

独占入手! アラフィフ熟女優 エッチな秘密20(2) 松下由樹、斉藤由貴

掲載日時 2015年11月07日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2015年11月12日号

 その天海は、9月27日に放送されたドラマスペシャル『緊急取調室』(テレビ朝日系)に続き、この10月からは『偽装の夫婦』(日本テレビ系)に主演と絶好調。とくに、『緊急取調室』は、3人のアラフィフ美女が対決する濃厚フェロモンドラマとして注目を集めた。
 主人公の取調官・真壁有希子を演じるのが天海、その天海と対決する元美容師の被疑者を松下由樹(47)、緊急取調室を取材する報道番組のキャスターを斉藤由貴(49)が演じたのだから、熟女ファンにとってはたまらなかったことだろう。
 「天海と松下の対決は、鬼気迫るものがありました。とくに、殺意を持ちながら天海の髪を切り刻む松下の演技は圧巻。髪を大胆にもグイッとつかみ、ものすごいスピードでハサミを動かしバサバサと切り落としていく姿は、迫力満点でした」(テレビ雑誌記者)

 だが、このシーンでは、同時に、松下の巨乳ぶりも大いに注目を集めていた。
 「もともと巨乳で知られている松下でしたが、手に力を込めてハサミを握るたびに、ジャケットの下に着ている白い服の中で、大きなバストを“プルン、プルルン”と思い切り揺らしていたんです。出産経験もない松下の胸は、今でも20代の張りを保っているともいわれていますからね。その大きさは、少なく見積もってもF〜Gカップはありそうでした」(同)

 ヒップもブリンブリンで、ドラマ関係者の間では、「もっともイヤらしい身体をしている女優」として知られている松下。8年もの交際から結婚間近という音楽プロデューサーの小林武史との破局から約20年。その肉体は、どんな男たちに愛されてきたのか気になるところ。
 「これが、まったくといっていいほど、周囲に男の影がありません。小林との破局が原因で男性不信になり、レズに目覚めてしまったというトンデモ話があるほどです。なんでも、いわゆる“タチ”だそうで、相手のパンティーを脱がす側だといいますね」(芸能記者)

 ドラマで天海の髪に触れ、松下は密かにコーフンしていたりして…。

 そして斉藤由貴だが、今年が芸能生活30周年の節目の年で、記念アルバム『ETERNITY』を発売するなど、活動はいつになく活発になっている。
 「実は“元祖・隠れ巨乳”といわれるのがこの斉藤。アイドル時代はワンピースの水着ばかりで、お肌の露出は控えめでしたが、そのバストは推定Fカップともいわれています。ヒップもムッチリとした白ムチボディーで、当時の中高生は大いに劣情をかき立てられたものです」(音楽関係者)

 彼女が、記念アルバムのプロモーションで番組出演をしたときには、こんなお宝映像が生まれている。
 「谷間をチラリと見せつけるエッチな着こなしでの番組出演となり、アラフィフの濃密フェロモンをまき散らしてくれました。'94年に結婚し、3児の母となっている現在は、さすがに男の噂はありませんが、毎日、大量の家族の洗濯物と一緒に、自分の特大ブラを干していると思うと、ついニヤけてしまいますね」(同)

 そんな彼女は、来年NHK大河ドラマ『真田丸』への出演が決定しており、仕事は順調。大河で共演する長澤まさみとの“新旧・隠れ巨乳”対決も楽しみの一つなのである。

関連タグ:アラフィフ熟女優エッチな秘密

芸能新着記事

» もっと見る

独占入手! アラフィフ熟女優 エッチな秘密20(2) 松下由樹、斉藤由貴

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP