所属事務所のオークションで圧倒的な人気ぶりをアピールできそうな元テレ東・鷲見アナ

芸能・2020/05/04 21:00
所属事務所のオークションで圧倒的な人気ぶりをアピールできそうな元テレ東・鷲見アナ

鷲見玲奈

閉じる

 芸能事務所「セントフォース」所属のフリーアナウンサー18人が3日、新型コロナウイルスの影響に対する活動支援のためにヤフーが主催する「みんなでStay Home」の企画「エールオークション」に私物を出品した。

 18人のうち皆藤愛子(36)、川田裕美(36)、新井恵理那(30)、潮田玲子(36)、望月理恵(48)の5人のアナウンサーはヤフーのサイト「Voice」で、最前線で戦う人々への感謝を伝えるとともに「Stay Home」を実施する人々に明るい未来を一緒に作ろうと呼びかける動画を公開した。

 同事務所といえば、4月1日から、3月いっぱいでテレビ東京を退社した鷲見玲奈アナ(29)が所属。オークションに関するコメントは先輩たちに譲ったものの、自身のインスタグラムで、局アナ時代は禁止されていたというオークションの出品物に書き込んだ直筆サインを公開するともに、提供品となったポーチとマルチショルダーバッグの写真をアップした。

 そして、各アナウンサーの出品物の金額ランキング(4日午後5時現在)だが、鷲見アナは39万2000円でダントツの1位。飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子となった新井アナの手作り指輪、サイン入りカードが27万1000円で2位。皆藤アナのサイン入り写真集などが16万5000円で3位に入っている。

「終了は10日の午後4時ごろだが、鷲見アナのグッズは100万円超えの可能性もありそう。それを“保管”するか“実用”するか、さらに高値で転売するかは落札者次第。その結果に古株の所属アナが嫉妬しなければいいのだが…」(芸能記者)

 鷲見アナは新天地で幸先のいいスタートを切った。

関連記事
芸能新着記事