森咲智美 2018年11月22日号

貞淑美女タレントの性白書 2017年新人女子アナ「お色気下半身」査定(1)

掲載日時 2018年04月08日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2018年4月12日号

 「昨年4月(2017年)、民放各局に入社した女子アナたちは“粒揃い”でした。少しずつとはいえ、順調に育っていると思います」(テレビ局関係者)

 『Going!Sports&News』『バズリズム02』担当の日本テレビ・佐藤梨那アナ(1995年2月9日生・23歳)は埼玉・桶川市出身で、慶応大学法学部卒。
 「小中高大とバレーボール部に所属していたという、女子アナ界では珍しい体育会系美女です。同じくバレーに打ち込んでいた先輩・水卜麻美アナと共通点が多いところから、“ポスト水卜ちゃん”の1人と言われています」(女子アナライター)

 ピアノが得意で、ショパンのノクターンを披露したことも。
 「電子書籍のマンガ『名探偵コナン』を読んでリラックス。好きな四文字熟語は“一意専心”だそうです」(番組制作スタッフ)

 また、周囲には「私は、おきあがりこぼし人間です」と話すことが多いという。
 「いつまでも失敗を引きずらない。倒れてもすぐに起き上がるポジティブな人間であることをアピールしたいのです。切り替えの早さは、バレーボールから学んだようです」(女子アナウオッチャー)

 愛称は“サトリナ”。
 「同姓の先輩アナが3人もいるので、すでにこう呼ばれています。夢は『箱根駅伝』の実況のようです」(スポーツ紙記者)

 『ZIP!』でおなじみの同局の後呂有紗アナ(1994年4月生・23歳)は、東京・調布市出身で、日本女子大学文学部卒。
 「彫りの深い、日本人離れした顔立ちは“日テレ一”と言われています。男性局員の間では“誰が落とすか”と話題になっています」(放送関係者)

 かつて、クラシックバレエで、オーチャードホール(渋谷)や新国立劇場の舞台に立ったこともあるという。
 「だから、身体がとても柔らかい。本人は、心も柔軟にしたいと思っています。名字は“うしろ”でも、“前向きに”というわけです」(前出・女子アナライター)

 スタッフからは、「“うしろ”なんだから、普通に前向きに登場するなよ」とイジられることが多い後呂アナ。
 「全国で200人くらいしかいない苗字なので、すぐ目立つ。“悪いことはできない”と彼女はいつも自分に言い聞かせているようです」(日本テレビ関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

女子アナ新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 2017年新人女子アナ「お色気下半身」査定(1)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP