葉加瀬マイ 2018年11月29日号

貞淑美女タレントの性白書 北川景子 “裸にエプロン” 夫・DAIGOを勃てるドM新婚生活(2)

掲載日時 2016年01月28日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年2月4日号

 '04年になると、神戸の事務所から東京の事務所に移籍。明治大学商学部で応用経済学を学びながら、'07年のドラマ『モップガール』(テレビ朝日系)で一気にブレイク。
 以後、映画・CMなどでも、その美しさをいかんなく発揮してきたのは御存知の通り。
 「といっても、数字(視聴率)の取れる女優ではなく、存在感を示してきたのは、ラブフェアのおかげ。“恋多き女・肉食系女子・共演者キラー”として、いつも話題を提供してくれました」(前出・芸能レポーター)

 映画『ヒートアイランド』で共演した2歳年下の木村了を皮切りに、バレエダンサーの宮尾俊太郎、谷原章介、向井理、細田よしひこ、ジャニーズ系では山下智久、桜井翔、スポーツ界では元サッカー選手の中田英寿、ハンカチ王子・斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ)、そしてTBSの安住紳一郎アナと枚挙にいとまがない。
 「際どい言い方で恐縮ですが、これで芸能界相関図が描けるほどの華やかさです」(女性誌記者)

 「内向的で人見知りが激しい」と公言する一方で、いったん打ち解けると関西人ならではの“ノリ”で迫って来るという。
 「ドラマの番宣で貫地谷しほりとバラエティー番組に出た時、貫地谷が『景子ちゃんはドM』と暴露したことがありました。北川は否定するどころか、ニコニコうなずくばかり。真性のドMだと思いました」(テレビ局関係者)

 また、別のバラエティー番組にゲスト出演した際には、映画で共演した『ドランクドラゴン』の塚地武雅が北川のこんな素顔を明かしたこともあった。
 「彼女は見た目からは想像できないほど関西弁をよくしゃべると暴露。『おい、ブタッ! 何言うとんねん!』とか『ごっつうしんどいわ!』など、彼女のマネをして見せたのです」(前出・テレビ局関係者)

 塚地の話を聞いていると、“ドSの女王様”的なイメージがわいてくるが、すぐ北川は反論。
 「“ブターッ! って叫んで”と言ったのは塚地さんです」
 と、塚地に“命令されて”そうしたと自ら、“ドM”ぶりを披露するハメとなった。
 「これは、厳しかったお父さんの影響です。お父さんの命令は絶対。指示に従い、お父さんの喜ぶ顔を見ることが快感となっていったのです。DAIGOとの関係も同じで、彼の為なら何でもやっちゃう。今は“裸エプロン”がお気に入りのようです」(前出・芸能記者)

 会見で(子供は)
 「1、2、3人ぐらい」
 と話していたDAIGOだが、今後、北川の芸能活動はどうなっていくのか。
 「もともと大胆な露出は少ない女優でしたが、この結婚でその可能性はほとんどなくなりました。おっぱいポロリなど、もってのほか。色気ムンムンなのですが、使いづらい女優になりました」(映画製作関係者)

 そこで浮上しているのがバラエティー番組への本格参戦だ。
 「DAIGOとセットならあのトークは面白いと思います」(バラエティー番組スタッフ)
 事実、件の会見中にはすでに“夫婦漫才”のような雰囲気もあった。

 DAIGOが北川の作る手料理について、
 「ドンズバで最高な味付け。ローストビーフとかカレーとか」と褒めると、北川は「もっと難しそうなやつを言ってほしかった」と突っ込み。DAIGOは「ビーフストロガノフです!」と慌てて付け加えていた。
 「ファックス1枚、メール1本での発表が主流となった中で、2人の結婚会見は掛け合いも上手で、とても好印象を受けました。“ママタレ”になっても、CMの仕事などで“おいしい生活”が十分楽しめると思います」(前出・芸能レポーター)

 さらに−−。
 「すぐにではないにしろ、将来的にDAIGOが祖父(故・竹下登元首相)の跡を継いで政治家に転身する話が根強いんです。出馬したら、“北川景子効果”でトップ当選間違いなしです」(政治ライター)

 最後に本誌からDAIGO流でひとこと。
 『ZRS』(絶対離婚しないで)。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 北川景子 “裸にエプロン” 夫・DAIGOを勃てるドM新婚生活(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP