☆HOSHINO 2019年6月27日号

ジャニーズjr.かたり少女を凌辱 女子中学生専門の淫画コレクター③

掲載日時 2018年10月01日 23時50分 [官能] / 掲載号 2018年10月04日号

もともとアルバイトができない年齢の女子中学生には、これが効いた。桃山は面接を口実に少女たちを呼び出し、ラブホテルに連れ込んで、「接客する上で、ある程度は酒を飲めなければならない」などと言って、アルコール度数の高いウオッカなどを飲ませて酩酊状態にさせた。
 動かなくなればこっちのものである。眠った少女の服を脱がせて、蕾のような肉腔の感触を味わい、亀頭をこすりつけて、少しずつ花唇をこじ開けていく。じっくりと筋道を付けたら、腰を入れて一気に貫く。
「痛いッ…、ダメ…、きつくて壊れちゃう…」
「壊れるもんか。オレは何回もやっているから大丈夫だ。そのうち気持ちよくなってヒイヒイ言うようになるんだから」
 そんな桃山の悪事が終わりを告げたのは、出会い系アプリで知り合ったユキさん(12)に思わぬ反撃を食らったことだった。ユキさんは「中3」と偽って登録しており、それを頭から信じていた桃山は「タレントに会わせてやる」と言ってユキさんを誘い出した。
 例によってホテルに連れ込み、酒を飲ませて襲い掛かったところ、「私は12歳の小学生なんです。同意があろうとなかろうと、こんなことをしたら強姦ですよね。警察に通報します」と言って、その場から110番通報したのだ。
 桃山は泡を食って逃げ出し、ユキさんとのメールのやり取りからすべてがバレると観念し、警察に出頭した。何とかしてなだめてユキさんと示談に持ち込もうとしたが、ユキさんの両親が激怒して失敗。桃山が執行猶予中であることもバレてしまい、例のパターンで次々と余罪が発覚した。
 桃山のパソコンには83点もの児童ポルノと14本もの動画が保存されていたが、桃山はこの画像について一切の供述を拒否した。
 当局は1人ずつ被害者を割り出し、結局、8人の女子中学生に対するわいせつ行為などで起訴した。
「性障害専門医療センターのカウンセリングを受けたが、他の加害者たちとディスカッションして、他に楽しみを見つければいいという結論だった。それなら自分にもできる。月3万円も出して通いたくない。援助交際がなぜ悪いのか、いまだに分からない。出てきたら、またやるだろう」
 このような男は、居住者情報を周辺住民に知らせるべきではないのか。
 韓国では2008年から性犯罪前科者の足首にGPS機能の付いた足輪を装着させ、常時、行動を監視する法制度を施行している。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書


官能新着記事

» もっと見る

ジャニーズjr.かたり少女を凌辱 女子中学生専門の淫画コレクター③

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP