ボートレース ★大村『GⅡモーターボート誕生祭』展望

エンタメ・2020/03/23 15:00 / 掲載号 2020年4月2日号
ボートレース ★大村『GⅡモーターボート誕生祭』展望

画像はイメージです

閉じる

 本号発売時には、平和島でSGボートレースクラシックが開催中。そのクラシックの翌々日の24日からは、大村で『GⅡモーターボート誕生祭』が開催される。クラシックメンバー不在の混戦模様の優勝戦線を、今回、展望していきたい。

 通常、GⅡともなると、GⅠに匹敵しながらA2級選手も出走するシリーズ。ただ、今回はSGの直後だけに、出場選手の力量はかなり接近している。その中でも今回、地元の「エース」を務めるのが桑原悠だ。

 今や、ビッグレースでも遜色ない戦いぶりを見せている。昨年、九州地区選手権でGⅠ初制覇。その後のSGクラシックの出場権を獲得するや、SG初優出(3着)を成し遂げた。昨年は5回SGに出場し、うち3回の予選突破。その1回が前述のクラシックである。

 そして、迎えた今年の九州地区選手権で優勝し大会連覇。「生え抜き」の長崎支部という立場でもあり、地元ファンは大きな期待を寄せる。今回も期待に応える走りを見せてくれそうだ。

 対する外来勢の有力どころは渡邉英児、重成一人、寺田祥、秋山直之、中島孝平、丸岡正典、吉田拡郎、山口剛、長田頼宗、古賀繁樹、岡崎恭裕、平本真之、新田雄史、篠崎仁志、木下翔太といった面々。桑原をはじめとする地元長崎支部にとって、非常に厄介な強者たちが参戦する。

 イン最強水面・大村水面での6日間。優勝戦の1号艇をつかみ取るのは果たして誰か? ファン必見の6日間だ。

 ボートレース下関で『開設66周年記念 GⅠ競帝王決定戦』を4月4日〜9日の6日間、ナイター開催する。

 今回の目玉は65、66周年連動企画の電話・ネット投票キャンペーンだ。当初より200万円上乗せの500万円争奪企画で、2節間で1万円以上の購入者を対象に抽選で現金が当たるというもの。また、ボートレース下関電話投票キャンペーンに新規登録すると、もれなく現金1000円がプレゼントされるなど、内容も盛りだくさん。詳細はボートレース下関サイトをチェック!

 この開催を記念して、オリジナルクオカード(写真)を10名にプレゼント。希望者はは下記の応募要項を参照の上、応募して下さい。

【応募要項】
郵便ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記の上、〒101-8488 (株)日本ジャーナル出版『週刊実話』「開設66周年記念 GⅠ競帝王決定戦」係
【締め切り】
4月2日(木)当日消印有効

関連記事
関連タグ
エンタメ新着記事