菜乃花 2018年10月04日号

いよいよ佳境のロシアW杯 ベスト4の国々に選手を送り出した上位4クラブは?

掲載日時 2018年07月09日 11時54分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

いよいよ佳境のロシアW杯 ベスト4の国々に選手を送り出した上位4クラブは?

 予選を勝ち抜いた32か国が集い、先月14日に開幕したロシアW杯。フランス、ベルギー、クロアチア、イングランドの4か国がベスト4に進出し、大会もいよいよ佳境を迎えている。

 前述した4か国の代表選手たちは、それぞれ世界の47クラブに籍を置いており、所属クラブの中には、母国で頑張っている選手をツイッター上で応援しているクラブもある。では、その47クラブにおいて、今大会の“4強”に最も多くの選手を送り出しているのは一体どのクラブなのだろうか。上位4クラブを4位から順を追ってそれぞれ確認していきたい。

 5人を送り出し4位となったのがチェルシー(イングランド)。フランスに2人(MFカンテ、FWジルー)、ベルギーに2人(GKクルトワ、FWアザール)、そしてイングランドに1人(DFケーヒル)という内訳になっている。

 7人を輩出し同率で2位に入ったのはマンチェスター・シティ(イングランド)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の2クラブ。その内訳はシティがフランスに1人(DFメンディ)、ベルギーに2人(DFコンパニ、MFデブルイネ)、イングランドに4人(DFウォーカー、DFストーンズ、DFデルフ、FWスターリング)。そしてユナイテッドがフランスに1人(MFポグバ)、ベルギーに2人(MFフェライニ、FWルカク)、イングランドに4人(DFジョーンズ、DFヤング、MFリンガード、FWラッシュフォード)となっている。

 最多8人を擁し、栄えある1位に輝いたのはトッテナム(イングランド)。フランスに1人(GKロリス)、ベルギーに2人(DFアルデルワイレルト、DFフェルトンゲン)、そしてイングランドに5人(DFローズ、DFトリッピアー、MFダイアー、MFアリ、FWケイン)もの選手を送り出している。

 以上が、今大会におけるベスト4の国々に選手を送り出している上位4クラブである。その全てがイングランド勢で占められているというのもまた、興味深い結果であるといえるのかもしれない。

文 / 柴田雅人

関連記事
“負けられない戦い”はネット上でも?W杯公式ツイッターがスタジアムBGMへの投票を呼びかけ
今日から始まる準々決勝 大手ブックメーカーの予\想は?
実は強豪国並みの成績?21世紀のW杯における日本のベスト16進出回数
ネット上は賛否両論 次期日本代表\監督にクリンスマン氏が浮上
今大会はひと味違う?PK戦を制したイングランドがベスト8最後の1枠へ

スポーツ新着記事

» もっと見る

いよいよ佳境のロシアW杯 ベスト4の国々に選手を送り出した上位4クラブは?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP