和地つかさ 2018年9月27日号

何が狙い? フジテレビ、ドイツ公共放送とドラマ共同制作 日本人女優もキャスティング

掲載日時 2018年06月16日 13時19分 [社会] / 提供元 リアルライブ

何が狙い? フジテレビ、ドイツ公共放送とドラマ共同制作 日本人女優もキャスティング

 フジテレビが、ドイツの公共放送局の子会社と連続ドラマ『The Window』を共同制作すると発表した。欧州サッカーの選手移籍をテーマとする作品となる。日本人女優もキャスティングされる見込みだ。

 これを受け、ネット上では「なんかいろんな意味でズレているな」「まさに『誰得』案件」「フジテレビ自爆必至」といった声が聞こえてくる。

 「海外ドラマは人気コンテンツのひとつですが、あくまでも海外のオリジナルコンテンツであるからこそ、人気があるといえるでしょう。衛星放送では、24時間人気ドラマをぶっ続けで配信しているチャンネルもあります。熱心なファンは当然そちらをお金を払って観ています。その市場にフジテレビがわざわざ参画する必要はあるのか、はなはだ疑問です。よく海外のグルメ商品が『日本人の口に合わせて』日本国内で展開し、撃沈といったパターンにはまりそうですね」(ドラマライター)

 もちろん日本に限らずとも、ヨーロッパやアメリカなどでドラマが世界的なブームとなれば、フジテレビに権利金(ロイヤリティ)が入ることはあろう。だが、コケることもあるわけで、ギャンブル的要素が強い。最悪の場合は“取らぬ狸の皮算用”となってしまう可能性もある。

 「グローバル時代を視野にと言いますが、日本にはいまだに1億人の潜在的視聴者がいるわけですから、日本人に向けた日本語のオリジナルコンテンツを強化すべきでしょうか。それを中途半端に海外展開に足を突っ込むようでは、今後、フジテレビの番組制作体制の劣化が進むのは目に見えていますね」(前出・同)

 フジテレビの迷走はいましばらく続きそうだ。

関連記事
「ワールドカップは見ない」古市氏の発言に小倉智昭が「嫌な奴」 ネットは古市氏擁護が多い?
フジのあの番組、有働アナに高額オファーしていた? 日テレを選んだ理由は…
“飲酒トラブル”経験者の前園が、NEWS小山に伝えたいメッセージとは
ケンコバ、彼女との初夜を明かす「余計なプレッシャーを与えていた」
AKBファンの大学生らがダフ屋行為で逮捕 思わず漏らした“本音”とは

社会新着記事

» もっと見る

何が狙い? フジテレビ、ドイツ公共放送とドラマ共同制作 日本人女優もキャスティング

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP