美音咲月 2019年7月25日号

自殺・病死・殺人 非業のアイドル!⑦

掲載日時 2019年01月04日 11時00分 [芸能]

●飯島愛

推定2008年12月24日/36歳没【死因】肺炎による病死

 半自伝的著書『プラトニック・セックス』(小学館)で、アダルトビデオ女優という仕事をポピュラーにし、自身の人気も大きく開花させた飯島愛。飯島は2007年3月に芸能界を引退して以来、自身のブログ以外に彼女の近況を知る術はなかった。その更新は翌年12月5日から途絶えている。突然の孤独死からおよそ1カ月後、ようやく死因が「肺炎」と発表されたときには、すでに薬物中毒説やノイローゼ自殺説、果てはエイズ説まで飛び交っていた。

 これらの説は飯島が芸能界を引退した当時からささやかれていたが、彼女の死によって再燃。また、業界内では箝口令がしかれていたとの証言もあり、結局本人が否定したAV時代から続く「黒い交友関係」がいまだ強い繋がりがあったという噂は尽きない。

 しかしブラックボックスが開封されることはなく、彼女は悩み多き女性のカリスマとして、現在も彼女のブログにはコメントが書き連ねられ続けている。
(明日に続く)

関連タグ:アイドル


芸能新着記事

» もっと見る

自殺・病死・殺人 非業のアイドル!⑦

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP