佐々木希 BカップからDカップに大きくなった乳房

芸能・2010/12/10 11:00 / 掲載号 2010年12月16日号
佐々木希 BカップからDカップに大きくなった乳房
閉じる

 モデルで売れっ子女優の佐々木希(22)がセカンドシングル『ジン ジン ジングルベル feat penta phonic』の発売記念握手会を11月24日、都内で行った。
 「森高千里の'95年の大ヒット曲をカバーしたもので、佐々木のたってのリクエストで実現したものです」(音楽記者)

 サンタクロースを意識した赤い衣装で登場した佐々木は「楽しい曲になっているので、男女で歌ってほしいですね」と、笑顔を振りまいた。
 「それにしても、佐々木はここにきて一段と女っぷりが上がりましたね。体つきも少女っぽいそれから“大人の女”に変わってきました。特にオッパイは、急激に大きくなったと思います。Bカップから84センチのDカップになったという話です」(芸能記者)

 デビュー当時のプロフィールによると、佐々木のサイズは身長168センチ、B80・W58・H82。手足は長く、見た目はもちろんのこと、サイズからもそのスタイルの良さがわかる。
 「ただ、オッパイが小さいことを、本人はとても気にしていたのです。モデルだけのときは、それでもよかったんですけど、女優もやるようになって、いざ濡れ場、ベッドシーンというときに“微乳”では絵になりませんからね」(映画制作関係者)

 そんな佐々木が見事な変身ぶりを見せつけたのが、先月、都内で行われた『スカパー!アワード2010』の表彰式でのことだった。「カワイイ〜」と会場から声援が飛ぶ中、淡いピンクのロングドレスに身を包んで登場した佐々木。
 「お辞儀をすると、大きく開いたVゾーンから柔らかそうでオイシそうなオッパイが丸見えになったんです。プレゼンターとして、佐々木と一緒に腕を組んで入ってきたサッカー日本代表・岡崎慎司の目が、完全にエロモードになっていました」(芸能記者)

 岡崎が「頭が真っ白です」と言ったきり、絶句したのもうなずける。
 「自分の体に自信を持ち始めたのは、この夏、ファッション誌『anan』で挑発下着姿を見せてからです。“見せる=魅せる”ことで男たちが歓喜するのを知った彼女は、自分も快感になっていったのです。さらなるウエストの絞り込みと、毎夜のマッサージによって見事な乳房になった。もちろん、男がデキたせいとの話もある」(芸能関係者)

 X'マスは“性夜”!?

関連記事
芸能新着記事