中日、「東京ドームで胴上げ」の可能性? シリーズ進出へ復調気配も思わぬ問題浮上か

スポーツ・2020/07/07 11:59 / 提供元 リアルライブ
中日、「東京ドームで胴上げ」の可能性? シリーズ進出へ復調気配も思わぬ問題浮上か
閉じる

 予定通り、7月10日から5000人を上限に、プロ野球は観客をスタジアムに迎え入れることが決まった。時差退場、声援、各球場を象徴する応援スタイルの制限など「条件付き」となるが、観客入場の対応策を確認する連絡会議前からチケット販売を開始した球団もあった。

 しかし、新たな問題も発覚した。与田ドラゴンズが日本シリーズまで進出した場合、地元自治体や他のセ球団にも力を貸してもらわなければならないだろう。

 「Jリーグとの合同で開催している新型コロナ対策連絡協議会が行われた7月6日、プロ野球は実行委員会も設けています。日本シリーズの日程が当初の予定よりも2週間も遅くなったので…」(球界関係者)

 その実行委員会で確認されたのは、「本拠地球場を使用できない球団のこと」。日本シリーズ進出球団の本拠地に近い球場を使用するということが確認されたのだ。

 「今年はセ・リーグの本拠地球場で日本シリーズがスタートします。もし、中日がシリーズ進出の場合、第6、7戦はナゴヤドームを使用できないんです」(前出・同)

 日本シリーズ第6、7戦が予定されている11月28、29日だが、人気グループAAA(トリプル・エー)のコンサートの予定が入っている。ドラゴンズが使用できないのは、そのためだ。

 「中日球団のミスではありません。ペナントレースをスタートさせるにあたって、日本シリーズの日程も変更になったためです」(前出・同)

 気の早い話だが、日本シリーズが開催される時期に日本中が“通常の社会生活”を取り戻していた場合、NPBは収容人数の多いプロ野球球団の本拠地球場を確保させるだろう。収容数に制限を掛けられたままなら、ナゴヤドームに近い静岡県・草薙球場も候補に挙がってくるが、甲子園、東京ドーム、横浜スタジアムを押さえるのが現実的だ。

 現在、二軍が使用している“元本拠地”のナゴヤ球場もあるが、問題は天候。ペナントレースの日程が11月上旬まで組み込まれている以上、さらなる雨天延期は避けたい。そうなると、甲子園、横浜スタジアムよりも屋根のある東京ドームが最有力地と見ていいだろう。

 中日が宿敵・巨人の東京ドームで日本一の胴上げ、な〜んてシーンが見られるかもしれない。

 >>金村義明氏「レギュラー獲るんじゃないか」元中日川上氏も「MLBの野球観てる感じ」中日助っ人捕手のブレークに太鼓判<<

 「目下、中日のイチオシは高卒3年目で先発ローテーションを勝ち取った山本拓実。中日は若い投手が実力をつけており、この先、浮上してくる可能性も高い。中日を勢いづけないよう、巨人、広島、DeNAも警戒しています」(プロ野球解説者)

 与田剛監督は投手を育てるため、ガマンの投手起用を続けている。そのガマンの采配が実った時、ナゴヤドームで日本シリーズ第6、7戦を開催できないことがクローズアップされるだろう。

 こんな話を聞いたことがある。巨人のライバルは阪神と言われている。しかし、親会社がもっともライバル視するのは“同業他社”の中日だ、と…。名古屋のファンは熱い。しかし、敵地胴上げがもし実現すれば、新たなライバル物語が始まりそうだ。(スポーツライター・飯山満)

関連記事
スポーツ新着記事