彩川ひなの 2018年7月5日号

京都【あなたの地域の雑学】西洋化の波は雛人形にも及んでいた

掲載日時 2018年06月09日 11時00分 [エンタメ]

京都【あなたの地域の雑学】西洋化の波は雛人形にも及んでいた

 日本人なら誰もが知っている雛人形。その2トップは男雛と女雛だが、京都だけ座り位置が異なる。通常は男雛は向かって左、女雛は右に飾るが、京都はそれが逆になるという。いったいどちらが正しいのか?

 実は、日本古来の飾り方では京都式が正解。昔は左腰に帯刀していたため、刀がある方に女雛を座らせることを避けたという説がある。実に日本的である。しかし、近年では皇族が西洋の流れを取り入れ、天皇陛下が左、皇后陛下が右に位置しているため、雛人形もそれに合わせるようになったのだ。

 日本古来の文化である雛人形も、人知れず西洋の影響を受けているのである。

エンタメ新着記事

» もっと見る

京都【あなたの地域の雑学】西洋化の波は雛人形にも及んでいた

Close

▲ PAGE TOP