葉加瀬マイ 2018年11月29日号

急転直下! NHK紅白出場で木村拓哉vs中居正広が大モメ(2)

掲載日時 2016年11月04日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年11月10日号

 香取はどうか。
 「喜多川社長に頼まれた元マネージャーが香取と直接電話で話をしたと言われています。さらに、香取はジャニーズ事務所に届いていた10万通にも及ぶファンレターをある幹部から見せられ、手渡されたそうです。香取はまだOKしていないが、以前と違ってNOとは言わなくなった」(同)

 急転直下、SMAP出場の可能性が一気に開けてきたのだ。だが、一難去ってまた一難。新たなトラブルが勃発しているのだ。4人の説得工作の場において1人、蚊帳の外に置かれていた木村が不満タラタラな様子なのだ。
 「キムタクにしてみたら、取り戻したいのはかつての好感度なのです」(同)

 紅白出場が現実のものになりつつある中、木村はある提案をジャニーズ事務所にしたという。最低20分以上とされるSMAPタイムの演出を自ら買って出たというのだ。
 「これまで演出はNHKのディレクターが、方向性はリーダーである中居が決めるのが定番だった。だが、今回は曲順や振付、さらにマイクパフォーマンスに至るまで木村が仕切るという。かなり強硬な姿勢のようです」(事務所事情通)

 この木村の演出案に対し、当然のことながら真っ向から対立することになったのが中居だ。
 「『ごちゃごちゃしたことはもういいべ。最後の最後くらい、いつものペースでやろう』という中居に対し、木村は怒り心頭。木村は『最後は俺が締める』と聞かないのです」(芸能プロ幹部)

 現在、2人の間で大モメしているのがラストの曲だ。
 「木村は『らいおんハート』だが、中居は『世界に一つだけの花』にしたいと譲らない。また、最後の締めはそれぞれの独唱とメッセージを読み上げる特別バージョンにしたい木村に対し、中居は通常のまま歌い、最後にステージにマイクを置いて去ることを提案している。真っ向から対立しているんです」(放送作家)

 やはりと言うべきか、想定内と言うべきなのか…。新たな形で浮上した木村と中居のバトルに大慌てなのがNHKサイドだ。
 「ジャニーズ幹部やNHKのお偉いさんが立ち会う中で、SMAPの演出会議が行われることになった。興味深いのは、その場に木村と中居が顔を出していないこと。顔を合わせれば言い合いになり大ゲンカになってしまう。そうなれば、すべてが終わる。最悪の事態を警戒し2人が紅白本番前に顔を会わせるのは、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録と、紅白のリハーサルの時だけになりそう。とにかく双方の顔が立つ演出プランを考えているんです」(NHK関係者)

 SMAPの紅白出場問題はまだまだ波乱含みだ。

関連タグ:NHK紅白歌合戦 SMAP解散


芸能新着記事

» もっと見る

急転直下! NHK紅白出場で木村拓哉vs中居正広が大モメ(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP