葉加瀬マイ 2018年11月29日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 モテない過去をバネに整形ついに居酒屋ナンパされ…

掲載日時 2016年07月07日 23時00分 [官能] / 掲載号 2016年7月14日号

(千尋さん=仮名・23歳・販売員)

 私は高校生の頃から「顔の偏差値30のブスギャル」と呼ばれ、男性には相手にされませんでした。
 成人してからは処女を捨てようと焦り、飲み歩いて泥酔しながら、さまざまな男に声をかけまくったけど、常に逃げられて…。

 21歳の誕生日、私は実家の畑で取れたナスに処女を捧げました。この虚しさと悔しさをバネに、お金を貯めて22歳で上京。カリスマ整形外科医に目、鼻、胸を手術してもらい、まるで別人に変身したんです。
 自分で言うのもおかしいですが、顔の偏差値は65くらいに上がったでしょう。その証拠に、都内の居酒屋で1人飲みしていると、必ずこっちをいろんな男性がチラ見します。
 Bカップだった胸をDに変えただけで視線がチラチラ胸に落ち、ヤリタイ光線を出している多数の男から「可愛いね」と言われました。
 昔は酔って相手に寄りかかると急によけられて倒れましたが、今は頼まなくてもハグされたり、髪を撫でられたりします。

 容姿がよくなると、男はこんなに変わるものなんですね。ある晩、私は勇気を出して、カウンターの隣に座ってきた男と意気投合し、「あなたをお持ち帰りしようかしら」と上目遣いで言ってみました。
 「はい、喜んで!」
 こんな出来すぎた展開に戸惑いながらも、自宅アパートに連れ込んだんです。彼は整形顔を見抜けず、有頂天になっているのが分かりました。

 「ああっ、美女のパンツはやはりいい香りだ!」
 彼はクンクンとショーツの香りを嗅いで勃起し、「オッパイ大きいね」と褒めながら胸をたっぷり味わうように揉んだ後、クンニまでしました。
 クリトリスを舐められるとあまりに感じて「あん、あん」と我慢してもエッチな声が漏れちゃった。

 続いて、グチョグチョに濡れたアソコに硬くなったペニスが入ってきました。
 最初は頭だけ挿れて動きが止まったので、「ダメよ。奥まで欲しいの」と催促し、自ら腰を振ります。
 「ほら、一つになったよ」
 根本まで挿入されたとき、ナスよりずっと気持ちよくて、「ああん、イクゥ」と叫びながら昇天しました。

 彼とはエッチの相性がよく、会うたびにイキまくり。将来は結婚も考えてくれているので、早めに昔の写真を処分しないと…。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:女のSEX告白

官能新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 モテない過去をバネに整形ついに居酒屋ナンパされ…

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP