森咲智美 2018年11月22日号

貞淑美女タレントの性白書 竹内結子vs鈴木京香 年女が全開ノーパン&ノーブラ「真田丸」収録現場(2)

掲載日時 2016年05月22日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年5月26日号

貞淑美女タレントの性白書 竹内結子vs鈴木京香 年女が全開ノーパン&ノーブラ「真田丸」収録現場(2)

 さて、ここからは個別に見て行こう。
 まずは、'08年に歌舞伎役者・中村獅童と離婚して以来、シングルマザーとして必死に生きて来た竹内。
 「映画での共演が縁で、“一発”で“できちゃった婚”した竹内ですが、その一人息子も小学校5年生になりました。立ち居振舞いが、段々、お父さんに似て来たそうです」(芸能レポーター)

 息子は、有名人御用達の名門小学校に通っているという。
 「実家からのアシストもありますが、とにかく教育熱心。地域の親たちの会合にも積極的に参加しています。ここでは、大物女優のオーラを消しています」(芸能プロ関係者)

 とにかく、息子との時間を大切にしているという竹内は、規則正しいスケジュールで撮影が行われる大河ドラマ出演をとても喜んでいるという。
 「拘束時間は長いですけどね。離婚して以来、息子との生活を考えて、テレビなどへの露出はかなり抑えていました。しかし昨年、三谷氏から直々のオファーがあって、女優デビュー20年にして初の大河出演となったのです。彼女の気持ちの充実ぶりはすさまじく、セリフも完璧。それをまったく見せないそうです」(前出・芸能レポーター)

 「ワッ、わたし好みの顔」
 堺雅人演じる主役の真田信繁の顔を両手ではさんでドギマギさせ、小日向文世演じる秀吉を嫉妬させた竹内。
 「茶々(淀殿)の無邪気な小悪魔ぶりを、まるで10代の少女のような表情で演じています。視聴者センターには“36歳なのにカワイ過ぎる”などと、絶賛の声が数多く寄せられているようです」(スポーツ紙記者)

 茶々は竹内の実年齢よりもだいぶ下。
 「それを違和感なく演じているところが凄い。と同時に、秀吉より信繁に気があるんじゃないかと視聴者に思わせるところもいい。“妖しい女”ぶりがよく出ていると思います」(前出・ドラマ関係者)
 堺も、
 「本当に俺に気があるんじゃないか」
 とハシャいでいるようだが、竹内の妖艶な魅力は、着物の中にあるようなのだ。
 「実は“ノーパン&ノーブラ”で撮影に臨んでいるようなのです。下着のラインが見えてしまうのは論外ですが、彼女の“ヤル気”が垣間見えます」(NHK関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 竹内結子vs鈴木京香 年女が全開ノーパン&ノーブラ「真田丸」収録現場(2)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP