RaMu 2018年12月27日号

BTS、日本語版でも騒動を謝罪 遅すぎる対応に賛否も、高須院長は「よかった」

掲載日時 2018年11月14日 15時05分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

BTS、日本語版でも騒動を謝罪 遅すぎる対応に賛否も、高須院長は「よかった」

 韓国のアイドルグループ・防弾少年団(BTS)の所属事務所が公式ホームページ上で謝罪文を掲載した件について、ネット上で波紋が広がっている。

 BTSのメンバーが原爆の写真がプリントされたTシャツを着用していたことに端を発するこの騒動。13日に行われた東京ドーム公演で謝罪したのをきっかけに、同日、BTSの所属事務所・ビッグヒットエンターテインメントが韓国語で謝罪文を発表。その後、14日になってBTSの日本版公式ホームページ上に「不快感を与えた」として、所属事務所からの謝罪文が日本語で発表された。

 10月中旬頃から問題視されていたこの原爆Tシャツ騒動。今回の謝罪にファンからは「謝ってくれてよかった!」「これでこの問題が収束してくれると思う!」といった声が上がっているものの、タイミングが遅すぎたとして、「問題になったあとすぐに謝罪すればよかったのに」「ナチス問題が絡んできたからやっと謝ったって感じ?」「本人たちにも正式な場で謝罪をしてほしい」といった批判の声も多く集まっている。

 一方、これまでこのTシャツ問題に対し厳しいコメントを発してきた高須クリニック院長・高須克弥氏は謝罪を受け、ツイッターを更新。「よかった。悪いと思ったらすぐに謝るのが一番」とコメントを出している。

 「高須氏はこれまでBTSに対しツイッター上で一貫して批判しており、一部BTSファンからは殺害予告まで出る事態にまで発展していました。謝罪をしたことを受け、寛容な姿勢を見せた高須氏に対しては『大人の対応!』『確かに公式で謝罪したならこれ以上言うこともない』といった称賛の声が出ているものの、いまだ一部BTSファンからは『何様?』『BTSも謝ったんだからBTSファンを傷つけた高須さんにも謝ってほしい』といった声まで噴出しています」(芸能ライター)

 二次騒動にまで広がってしまった原爆Tシャツ問題。ネット上での波紋はまだ収束を見せていない。

記事内の引用について
高須克弥公式ツイッターより https://twitter.com/katsuyatakasu?lang=ja

関連記事
『ビビット』でフェイクニュース? 「“原爆Tシャツ”映像は2秒だけ」がネットで物議に
BTSのメンバーと事務所が“Tシャツ騒動”を謝罪も、今後は日本でのビジネスは絶望的か
BTS、米国での活動にも赤信号? K-POP史上初のビルボード1位も今後は厳しい状況に
また“大正ロマン”モチーフ衣装に韓国ファンが激怒? 今度のターゲットは『文豪ストレイドッグス』
「単にインパクト重視」だった? 原爆に続きナチファッション、BTS(防弾少年団)の炎上が続く

芸能新着記事

» もっと見る

BTS、日本語版でも騒動を謝罪 遅すぎる対応に賛否も、高須院長は「よかった」

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP