菜乃花 2018年10月04日号

低迷フジテレビがあがくSMAP生出演のオファー

掲載日時 2016年12月06日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年12月15日号

 日本中が注目していたスーパーアイドルグループ『SMAP』の最後は、実に、あっけない幕引きになりそうだ。

 12月31日をもって解散するSMAPの最後の花道として出場が期待されていた『NHK紅白歌合戦』への出場は120%なくなった。代わりに注目されていたメンバー全員が一堂に会する『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回も、生放送ではなく、VTR放送に決定したというのだ。
 「フジは、年末年始の放送タイムテーブルの大枠を確定させている今もなお、12月26日に関し、18時30分以降の全時間帯を未定としているんです。もちろん目的は『SMAP×SMAP』の生放送。でも、いまだに木村拓哉を除くメンバーが首を縦に振らないそうなんです」(芸能プロ関係者)

 そんな中、密かに期待されていたのが毎年、クリスマスに放送される『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)だ。
 「こちらも、木村を除く4人のメンバーが反対したことでお蔵入りが決まってしまったんです。さんまが以前から木村派を名乗っていたことが原因だと言います。『SMAP×SMAP』よりも実現性が高かったのですが…。残念です」(テレビ関係者)

 すでに崩壊しているSMAP。しかし、いまだにフジテレビは『SMAP×SMAP』の生放送にこだわり、亀山千広社長自らジャニーズ事務所に出向き“最後のお願い”を繰り返しているという。
 「もし、生放送が実現できれば視聴率30%超えは確実です。なんでもフジはこの特番に制作費1億円を用意した、と言われているんです」(芸能事情通)

 今や、ジャニーズ上層部の意向にも逆らい続けるSMAPメンバー。今後の展開が注目される。

関連タグ:SMAP解散

芸能新着記事

» もっと見る

低迷フジテレビがあがくSMAP生出演のオファー

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP