葉加瀬マイ 2018年11月29日号

早くも打ち切りの声が飛び交う亀梨和也の“いわくつき”主演ドラマ

掲載日時 2018年02月09日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2018年2月15日号

 KAT-TUNの亀梨和也(31)が主演するドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)に、早くも打ち切り話が浮上している。同ドラマは、主人公の亀梨が、12年前の女児殺人事件で母親を犯人扱いし、自殺に追い込んだワイドショーの関係者に復讐を果たし、真犯人を探し出すという本格ミステリー。
 「脚本はしっかりしているし、日本テレビのドラマ『怪盗山猫』や『ボク、運命の人です。』でそこそこ視聴率も取っていただけに、今回も期待されていたんです。ところが、実際は大爆死。初回視聴率7.2%を皮切りに、第2話は6.5%。注目された3話も6.5%。フジ局内では、いわくつきの枠だっただけに“絶対に当たらない”との声が囁かれているんです」(テレビ事情通)

 ちなみに“いわくつき”とは、どういう意味なのか? 実はこのドラマ枠、昨年9月にジャニーズ事務所を退所した草なぎ剛ありきで企画されていたという。
 「草なぎが同枠で主演した“復讐シリーズ”『銭の戦争』『嘘の戦争』に続く第3弾企画として準備されていたんです。ところが、独立騒動で仕方なく亀梨がキャスティングされた。視聴者の多くは、無意識のうちに草なぎと亀梨を比較してしまう。だから絶対に数字が取れるわけがないんですよ」(同)

 視聴率が一向に上向かない状況に、主演の亀梨はすっかりやる気を失ってしまったという。
 「そもそも、TBSの依頼を断ってフジに乗っかったわけです。ところが、結果は大惨敗。とにかくフジと距離を置こうともがいている」(芸能プロ関係者)

 もっとも出演料だけを見てみれば、文句のつけようがないという。
 「日テレが1本80万円〜、TBSは100万円〜。ところが、フジは150万円〜も支払っているというんです。まあ、それくらい払わないと、亀梨サイドもOKはしなかったと思いますが…」(ドラマ関係者)

 亀梨にも見放されつつあるフジテレビ。一向に光は見えない。

芸能新着記事

» もっと見る

早くも打ち切りの声が飛び交う亀梨和也の“いわくつき”主演ドラマ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP