菜乃花 2018年10月04日号

インテル長友佑都 退団必至で悩める新婚生活の危機

掲載日時 2017年02月08日 16時00分 [スポーツ] / 掲載号 2017年2月16日号

インテル長友佑都 退団必至で悩める新婚生活の危機

 サッカー日本代表DF・長友佑都(30)が新婚早々、失業の危機にさらされている。イタリア最大のスポーツ紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は“断定形”で所属するインター・ミラノ(インテル)から「今季終了後に退団する」と報じたが(現地時間1月25日)、奇しくも同日、タレントで新妻の平愛梨(32)はレギュラー番組の卒業企画に臨んでいた。「長友の待つイタリアに引っ越す」旨を幸せそうに語っていたのだ。
 「長友も覚悟していたのかもしれません。昨年11月、新たに就任したステファノ・ピオリ監督の下で構想外となり、今年に入ってリーグ戦出場は4試合中(1月27日時点)ゼロ。さらに1月、同じポジションにスイス代表選手の補強に動いています」(専門誌記者)
 インテルのオーナーである中国・蘇寧グループ会長も、若手イタリア人を中心としたチーム構想を地元メディアに語っており、今夏の移籍・補強市場での莫大な資金投資も示唆していた。

 近年、ケガは多いものの、長友の能力にまだ衰えは見られない。見切りを付けて新天地を探すべきだが、そうはいかない事情がある。
 「長友自身、これまでイタリアに固執してきました。1月にフランスの強豪・マルセイユが長友に興味を示しているとの報道も出ましたが、その可能性を打ち消すように、『マルセイユが左サイドバックの別の選手を獲得した』と発表されました」(同)

 イタリアの住居も新婚用に作り替えられた。ミラノ残留を希望する理由はそれだけではないが、日本代表ハリルホジッチ監督は事あるごとに、「出場機会のあるクラブへの移籍」を海外組に訴えている。
 「長友の年俸は推定130万ユーロ(約1億6000万円)で、チーム全体で20番目程度。高額選手ではないため他クラブも手を出しやすい。ただ、世界には有望なサイドバックが掃いて捨てるほどいて、競争の激しいポジションです」(特派記者)

 イタリア残留が叶わなかった場合、Jリーグ帰還もあるかもしれない。新婚早々、職探しとは…。もう「アモーレ」は使えない?

関連タグ:サッカー

スポーツ新着記事

» もっと見る

インテル長友佑都 退団必至で悩める新婚生活の危機

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP