葉加瀬マイ 2018年11月29日号

オリックス担当記者が分析、4位浮上のチームに山田久志氏が口にした注目の選手とは?

掲載日時 2018年05月08日 08時07分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

オリックス担当記者が分析、4位浮上のチームに山田久志氏が口にした注目の選手とは?

 オリックスがゴールデンウィーク地獄の9連戦を6勝3敗で勝ち越し、借金を「3」にまで縮めてパ・リーグ4位に浮上した。9試合の対戦相手は上位のソフトバンクと6試合、首位を独走中の西武と3試合組まれていたため、苦戦が予想されていたが、3カード連続で2勝1敗で勝ち越せたのはチームにとって大きな力となった。

▼4月28日〜5月6日オリックス成績
【対福岡ソフトバンク 京セラドーム大阪】
4月28日
○西勇輝 3-1 東浜巨●
4月29日
●吉田一将(先発は山岡泰輔) 4-7 モイネロ(先発は武田翔太)○
4月30日
○田嶋大樹 6-5 中田賢一●
【対埼玉西武 京セラドーム大阪】
5月1日
○アルバース 4-2 高木勇人●
5月2日
○吉田一将(先発はディクソン) 6-5 平井克典(先発はカスティーヨ)●
5月3日
●金子千尋 0-8 十亀剣○
【対福岡ソフトバンク 福岡ヤフオクドーム】
5月4日
○澤田圭佑(先発は西勇輝) 5-4 森唯斗(先発は東浜巨)●
5月5日
●山岡泰輔 0-3 武田翔太○
5月6日
○田嶋大樹 5-2 中田賢一●

 エース金子千尋とディクソンに未だ勝ち星がつかないのが気掛かりなところだが、ルーキーの田嶋が中5日で2勝を挙げる活躍で、チームトップの4勝。9連戦の間にはルーキーで内野手の福田周平が随所で活躍を見せたり、“神童”山本由伸がセットアッパーだけじゃなく、連投が続いた増井浩俊に代わって臨時ストッパーを務めるなど、若い力が台頭してきた。またT-岡田、安達了一をはじめ、打撃不振が続いていたロメロとマレーロの両外国人選手にも復調の兆しが見えてきた。5.6福岡では岡田とロメロが連続ホームランを放ち、ベンチが大いに盛り上がった。

 「使えるものは使わないとね。(判定が変わったら)流れも変わりますから」

 オープン戦からリクエスト制度に関しては積極的に使っていく意向を明らかにしていた福良淳一監督だが、リクエストの成功率も高く、不利な判定を次々に覆している。1日の西武戦ではボークを取られたアルバースに対して“鬼の福良”が爆発。「あんなのキャンプの時から言われてないんだからおかしいでしょ」と試合後も怒り心頭だった。前日の30日のソフトバンク戦では死球を受けた小谷野栄一が激高して、乱闘騒ぎになる場面もあり、選手会長の岡田は「胸に来るものがあった」という。オリックスはゴールデンウィークに弱いイメージが強く、昨年は3勝6敗と今年と真逆の結果で、大失速した魔の5月へ突入しているが、今年は8日から日本ハム、楽天と続く本拠地6連戦をしっかり勝ち越して、まずは借金を「0」にしたいところ。借金返済直前のつまずきは後々響いて来るので、早めに貯金生活を迎えたい。

 阪急ブレーブス復刻デーが行われた3日の試合前、始球式に登板した阪急OBのスーパーレジェンドでエースだった山田久志氏、世界の盗塁王としておなじみの福本豊氏が登板後に囲み会見に応じてくれたのだが、「ピッチャーは1年間戦える戦力になってきたから、T-岡田や吉田正尚、外国人の主力が打って来たらいい勝負になる」と今年のチームを評価する山田氏に、注目している選手を聞いてみると真っ先に出たのが「山本」だった。「山本だったり、若い選手が出てきてる。そこに山岡や田嶋がいる。ピッチャーは競争が出来てる。それが刺激になって、誰かがカバーしていく。ピッチャーは1年間戦うには同じメンバーじゃ戦えないからね。今年のキャンプから(そういう意識を)感じていたから。みんなが力をつけてきたよね」。福良監督が就任してから両氏ともキャンプで特別臨時コーチを務めるなど、チームを近くで見てきただけに、山田氏の言葉には説得力があった。

 連戦中、選手の表情からは疲れも伺えたが、しっかりと体をケアして、まずは交流戦まで突っ走ってもらいたい。

取材・文 / どら増田
写真 / 舩橋諄

関連記事
オリックス・バファローズの近鉄復刻ユニフォームに一部ファンが憤り その理由は複雑な歴史にあり
かきいれ時のGW祝日3連休 過去10年の各球団の勝率は?【パ・リーグ編】
オリックス担当記者が分析、近鉄が10.19ユニで南海に勝ち越す!
オリックス担当記者が分析、昇格へ秒読み?!“オリの神童”山本由伸の起用法
フランチャイズスターはマイナー降格させられない 再浮上したイチローの日本帰還論

スポーツ新着記事

» もっと見る

オリックス担当記者が分析、4位浮上のチームに山田久志氏が口にした注目の選手とは?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP