片山萌美 2019年7月4日号

引退説浮上の陰で見え隠れする石原さとみのお金という名のプライド

掲載日時 2018年10月05日 21時40分 [芸能] / 掲載号 2018年10月11日号

引退説浮上の陰で見え隠れする石原さとみのお金という名のプライド
石原さとみ

 IT企業『SHOWROOM』の前田裕二社長との熱愛が報じられ、結婚秒読みと伝えられていた石原さとみ(31)に、年内引退説が急浮上している。

 「仕事のことで相当悩んでいるようです。理由は女優としてのプライドですね。所属事務所内でライバル視する、綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)に視聴率で惨敗したことで、かなり落ち込んでいるようなんです」(芸能関係者)

 石原がヒロインを演じたドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)だが…。
「平均視聴率は9.5%。最終回こそ、なんとか11・4%と二桁に乗っかったものの、シングル女優の烙印を押されてしまったんです」(芸能プロ幹部)

 石原の当初の予定では、今ドラマで高視聴率を獲得し、そのまま前田氏とのゴールインを決めて女優の仕事を続ける予定だった。しかし、誤算となったのは、平均視聴率がシングルになったことを受け、出演料も格下げになったことだ。
「石原は3Aという200万円〜の女優でした。しかし今回、ドラマが一桁になったことで、2Aに格下げになったんです。ギャラは1本当たり、150万円〜になってしまったそうです」(芸能関係者)

 当然、ドラマの出演料と密接にリンクしてくるCM出演料も激減する。
「石原クラスでCMは1本4000万円〜。だが、今回の格下げでギャラも2000万円〜になる。石原のギャラの落ち込み方はハンパじゃありません。しかも、結婚すれば、さらにギャラは下がる。さすがに石原もプロの女優。そこまでして女優を続けたいとは思わないのでしょう」(前出・芸能プロ幹部)

 この状況にピリピリしているのが、石原が所属する大手プロダクションだ。
「仕事を継続してくれるなら、結婚までは認めるしかないと思っていたからです。ところが、急に石原の仕事へのモチベーションが下がったことで、かなり焦っています」(芸能事情通)

 下がったギャラの差額は、ヌード写真集で回収する?

関連タグ:芸能マル秘報告


芸能新着記事

» もっと見る

引退説浮上の陰で見え隠れする石原さとみのお金という名のプライド

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP