森咲智美 2018年11月22日号

「オレだけのエロ玩具になれ!」 結婚強要計画男“恐怖の愛”(2)

掲載日時 2017年02月19日 23時00分 [事件] / 掲載号 2017年2月23日号

 それ以来、職場への往復も親に頼んだ。案の定、辻橋は車で待ち伏せして付きまとうが、親がいると手を出してこなかった。しばらくすると一転して、〈結婚指輪を贈りたい〉というメールを送ってきたが、当然無視した。
 「この野郎、オレのプロポーズを断りやがって…。ナメとんのか!」

 これを機に辻橋は歪んだ感情を爆発させ、毎日、愛梨さんの行動記録をスマホに書き込むようになった。
 《○月○日…愛梨の車内に飲み物が二つあった。男がいる証拠かもしれない》
 《△月△日…バイト休みなのにまたどこか行ってる。多分男と会っていた。白いワンボックスカーの男か》
 《×月×日…車の中に子供っぽい靴下があった。家に入る前に電話している。妻子持ちの男と不倫か?》
 辻橋は自分と別れたのは別の男ができたからだと邪推し、「ヨリを戻さなければ拉致監禁してレイプし、婚姻届に判を押さなければ殺す」というとんでもない犯行計画を企てた。

 事件を起こす2日前、辻橋は《元気にしてるか?》とLINEを送った。ところが、あっさりと既読スルーされたことから怒りが頂点に達し、犯行を決意した。
 「まず携帯を見て、電話帳に男の連絡先がないか確認しよう。写真と動画も確認しよう。出会い系を利用していないか、オレのことをどう思っているのかも確認しよう。もし男がいたら殺そう。用意するものはカミソリ、電マ、ローター、結束バンド、朱肉…。ラブホテルとエロ道具を売っているところも調べておこう。婚姻届と花も用意しておく。慎重に冷静に、周りを見渡して警戒し、絶対に逃げられないように…」

 事件当日、辻橋は自分の名前を刻印した指輪を用意し、百均ショップでアイマスク、ビニールテープ、カッター、筆記具をそろえ、さらにアダルトグッズを扱う店で手錠やさるぐつわ、ローションなどを購入した。愛梨さんが勤めているパチンコ店の駐車場で待機し、出て来るのを待った。
 愛梨さんにとって不幸なことに、この日に限って1人でバイトに来ていた。午後10時過ぎに仕事を終えて駐車場に向かうと、車の陰からヌッと辻橋が現れた。
 「な、何しに来たん?」
 「何しに来たんちゃうわ。お前を殺してオレも死ぬ。はよ車に乗れ!」
 愛梨さんは自分の車の運転席ドアに押し込まれ、その後に続いて辻橋が乗り込んできたので、必然的に助手席側に追いやられた。そして、すぐに辻橋はドアをロックした。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

「オレだけのエロ玩具になれ!」 結婚強要計画男“恐怖の愛”(2)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP