葉加瀬マイ 2018年11月29日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 キャンプ先で自然に返り男女4人全裸で激しく交尾!

掲載日時 2016年09月07日 23時00分 [官能] / 掲載号 2016年9月15日号

(莉子さん=仮名・20歳・女子大生)

 学校の友達と、男女4人でキャンプに行きました。私はその中のM君と、できれば恋人関係になりたいなあ、と思っていたんです。
 で、テントを張り、川で泳いだりしていたんですけど、普通にキャンプをしても面白くないんで、「せっかくこんな山奥に来たんだから、自然に返ろうよ」と私が提案。
 「自然に返るって?」
 「みんなで裸になるのよ。まずは男子から。早く!」
 私がきつく言うと、男子たちは素直に水着を脱ぎました。川で泳いでいたからか、ペニスは縮んじゃってて、すごく可愛いの。

 「私たちも脱ぎましょうよ」
 私がそう言って裸になると、もう1人の女子もしぶしぶ全裸に。
 「これでこそキャンプよ!」
 私の言葉にみんな「そうね」「開放感がすごいよ」「自然を満喫って感じだね」と同意してくれました。

 そして全裸で水遊びしたり、バーベキューを楽しんでいたんですけど、誰も指摘しなかったものの男子2人はずっと半勃ち状態なんです。そんなものを見せつけられている私たち女子も、実はアソコがずっと濡れ濡れ状態…。
 しばらくはそうやって、互いに気づいていないふりをしながら遊んでいたけど、一通りの遊びをしちゃうと、もうやることはアレしかないんですよね。

 「ねえ、究極の自然ってなんだと思う?」
 私はM君に訊ねました。「さあ、なんだろう…」
 そう言うM君のペニスがみるみる完全勃起状態に! それをギュッとつかんで私は言いました。
 「雄と雌よ。交尾よ。さあ、しましょうよ」

 そして彼を押し倒して熱烈フェラ。それを見ていたもう1人の女子も同じように男子にフェラ。そこまでされて何もできない男なんか生きてる資格はありません。M君は私をその場に四つん這いにさせると、お尻からオマ○コにかけてベロベロ舐め回し、そのままバックから獣のように挿入してきました。
 「おおっ…気持ちいいよ」
 両手でお尻を掴んで、パンパンと音が鳴るぐらい激しく腰を振るんです。
 「ああ、いい…。最高よ!」
 私は髪を振り乱して絶叫。興奮し過ぎた私は、勢いでもう1人の男子ともハメまくりました。一夫一婦制なんて、自然界では関係ないですからね。自然に返れるキャンプって最高!
(書き手・柏木春人)

関連タグ:女のSEX告白

官能新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 キャンプ先で自然に返り男女4人全裸で激しく交尾!

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP