片山萌美 2019年7月4日号

痛快! “超薄口”対談 第3弾 杉村太蔵&川奈まり子「セックスレスの解消法教えます」(3)

掲載日時 2014年04月16日 12時00分 [エンタメ] / 掲載号 2014年4月24日号

 杉村 一部の業界では“アベノミクス効果”なんていわれ方もしていますが、AV業界の景気はどうなんですか?

 川奈 売り上げは落ちていますよ。だって、若い男性がAVを見ない、買ってくれないんだモン。たとえ見ても、インターネットで配信している無料サンプル映像だけで満足してしまうから、ダウンロード販売も伸びないんです。

 杉村 音楽業界と似ているんですね。ネットでいくらでも事足りてしまう。

 川奈 フリーターの若い人は、クレジットカードも持っていないから、カードがないとダウンロード販売のAVも購入できず、無料のサンプルしか見られない。

 杉村 ボクは政治家のころにニート対策を担当していたんですが、エロメディアが無料というのは、引きこもり気味の若い人にとって健全な、正しい性の見せ方ではないという気がしているんです。

 川奈 昔は、レンタルビデオショップの奥の、カーテンで仕切られたアダルトコーナーにわざわざ出向いて、レジで恥ずかしい思いをしてAVを借りたわけでしょう? それが健全な男のコよねぇ。

 杉村 確かにエロ本を買うのにも勇気がいりました。あまりにも手軽に、タダでサンプル映像が鑑賞できてしまうということは、問題だと思いますよ。

 川奈 ありがたみがないんですよ、タダだと(笑)。

 杉村 消費税アップはどうです? ご主人の職場でもあるAV業界にも影響が出ていると思いますか?

 川奈 厳しいでしょうね。AVは、増税分を価格に転嫁しづらい商品なんです。年がら年中、8%オフのセールにしなきゃならないかもしれない(笑)。それと、AV撮影は電池などの消耗品をベラボーに消費するんですよ、電マとかローターにね。ご存じでしょ? 大人のオモチャ。

 杉村 はい、名称は聞いたことがあります。

 川奈 電マには単3の電池を使い、ローターにはボタン電池を使うんですけど、アッという間に電池を消費してしまうグッズなんです。だから電池代がスゴい掛かるの。他にも、女優の下着代、コンドーム、ティッシュなどなど…。

 杉村 なるほど、経費が高騰するわけですね! 安倍首相も、AV業界の経費高騰までは考えていなかっただろうなぁ。

 川奈 小さいAVメーカーだと、経費の高騰が命とりになってしまうことも、あり得るかもしれないです。

 杉村 日本の性産業にも影響が大きいと、内閣府に言っておきましょう。いやぁ今回は、ボクの知らない世界をいろいろ教えてもらって、とても参考になりましたよ!

川奈まり子 元AV女優。2004年に引退。AV監督・溜池ゴロー氏の妻で一児の母。現在は女性誌を中心にコラムやポルノ小説の書き手として活動を続けている。著書に『僕の兄嫁さん』、『甘く匂う』など。46歳。

杉村太蔵 2005年2005年9月の総選挙で最年少当選を果たした元衆議院議員。現在はTBS『サンデージャポン』、テレビ朝日『ナニコレ珍百景』など多くのテレビ、ラジオ、雑誌などで幅広く活躍中。二児の父。34歳。

関連タグ:“超薄口”対談


エンタメ新着記事

» もっと見る

痛快! “超薄口”対談 第3弾 杉村太蔵&川奈まり子「セックスレスの解消法教えます」(3)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP