菜乃花 2018年10月04日号

江戸時代、現代のピルのように服用されたモグラの丸薬

掲載日時 2018年02月03日 22時30分 [エンタメ]

江戸時代、現代のピルのように服用されたモグラの丸薬

 江戸時代には、ガマの油や惚れ薬など、効能の怪しい薬が数多く売られていたが、明らかに毒薬だったり偽物だったりしない限り、幕府は取り締まらなかった。効能なしと証明できなかったからだ。

 避妊薬として出回ったのが、モグラである。当時まとめられた『本朝食鑑』にも製法が記されている。

 モグラのはらわたを抜いて、その中に伽羅を詰め込んで黒焼きにし、削って粉末にする。これを小豆大の丸薬にしてでき上がり。月経後2〜3日経ってから15丸飲めば、避妊効果があるそうな。

 真偽は判然としないが、江戸時代には年頃の何か影を持つ少女が、必死になってモグラを探していたのかもしれない。

エンタメ新着記事

» もっと見る

江戸時代、現代のピルのように服用されたモグラの丸薬

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP