菜乃花 2018年10月04日号

ボートレース 超個性派水面「江戸川」のGII戦を占う!

掲載日時 2016年06月13日 17時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年6月23日号

 江戸川『GII634杯モーターボート大賞』が6月14日より開催される。
 波立つ水面は、モーターポテンシャル以上に当地の相性が大事。今回は過去のデータを踏まえながら有力どころを紹介していきたい。

 やはり経験値で一歩も二歩もリードするのが東京支部。江戸川といえば、『江戸川鉄兵』こと石渡鉄兵だが、今回はSGグラチャンに斡旋されており不在。
 その石渡に負けず劣らずの江戸川巧者が揃うが、今回は伏兵級ながら福来剛に注目したい。江戸川では5V(一般開催)。全場の通算でも一般開催以上の優勝がないが、そろそろGI、GIIで結果を残しても何ら不思議のない戦力を秘めている。勝てばSG出場の権利も手に入る。初のビッグステージへ、地元でチャンスを見出したい。他にも飯山泰、作間章、三角哲男、熊谷直樹、若林将など遠征を迎撃できる選手が揃う東京支部。

 対する遠征組では横澤剛治、湯川浩司、中田竜太、三井所尊春、山下和彦などが当地好相性。湯川は通算7優出3優勝。その優勝のすべてがGIであり、当地周年を2度、ダイヤモンドカップを1度制覇している実績は輝かしい。対して当地「634杯」の第1回を制している横澤が少々気掛かり。今年は優出がたったの1回で、優勝ゼロ。どこまで軌道修正なるかだ。

 超個性派水面「江戸川」のGII戦。潮流なども考慮して楽しもう!

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース 超個性派水面「江戸川」のGII戦を占う!

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP