視聴率は微増でもまだまだ“伸びしろ”がありそうなドラマ『チア☆ダン』

芸能・2018/07/23 21:03
視聴率は微増でもまだまだ“伸びしろ”がありそうなドラマ『チア☆ダン』
閉じる

 7月13日にスタートした土屋太鳳(23)主演のドラマ「チア☆ダン」(TBS系)の初回視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。20日放送の第2話は8.6%で0.1ポイントの微増だった。

 「連ドラ初主演の土屋だけに、どれほど数字を持っているかが注目されていた。しかし、同年代の女性にアンチが多いこともあってか数字が取れず。おまけに、19日発売の『女性セブン』ではDISH//の北村匠海とのWデートが報じられてしまった。土屋はインスタで北村との友人関係を強調。それが功を奏したのか、視聴率ダウンは免れた」(芸能記者)

 7月14日に放送された音楽特番「音楽の日2018」(TBS系)では、土屋ら「チア☆ダン」の出演メンバーたちが、サンボマスターが歌う主題歌「輝きだして走ってく」に合わせキレキレのチアダンスを披露。

 「特に土屋のムチムチボディがピッタリとした衣装で包み込まれていたため、バストが弾みまくり。ネット上では歓喜の声が相次ぎました。第2話の視聴率が微増した要因かもしれません」(TBS関係者)

 視聴率2ケタまであと一息の同ドラマだが、まだまだ“伸びしろ”がありそうだというのだ。

 「第2話までの時点で、土屋らがチアダンスの練習をするシーンがたびたび流れたが、ジャージ姿だったり、制服のスカートの下にスパッツを着て、下着が見えないようにしていた。今後、スカートの下をうまく工夫して“お色気”の要素を増していけば、男性視聴者数の激増が見込める。製作サイドはわざと焦らしているのでは」(先の芸能記者)

 土屋には視聴率アップのために“ひと肌”脱いで欲しいものだ。

関連記事
芸能新着記事