大江麻理子 NY海外赴任1年で巨乳化Eカップ復帰

芸能・2013/11/23 18:00 / 掲載号 2013年12月5日号
大江麻理子 NY海外赴任1年で巨乳化Eカップ復帰
閉じる

 今年4月、米ニューヨークに赴任したばかりのテレビ東京・大江麻理子アナ(35)。11月13日、一部スポーツ紙が「来春からワールドビジネスサテライト(WBS)キャスター就任内定」と報じた。
 「報道通りなら、NY赴任わずか1年でのスピード帰国となりますが、テレビ東京の看板報道番組『WBS』キャスター就任は、ほぼ確定。15年間キャスターを務めた小谷真生子は番組を卒業し、名実ともに大江アナが来春から看板アナになるわけです」(テレビ誌記者)

 ただ、大江アナのボディーにはNY生活で大きな“変化”があったという。
 「ズバリ、爆乳化です。大江はもともとCカップ程度のきれいな円錐形おっぱいでしたが、赴任して半年以上たった現在では推定Eカップの、弾けんばかりの“ピーチ乳”。恐らく、高たんぱくの米国流食生活が影響したと思われますが、以前よりダイナマイトボディー化が進んでいますね」(テレ東関係者)

 大江アナといえば、各メディアが実施する人気女子アナランキングで、上位の常連。正統派の美形ルックスと、物腰柔らかな癒やし系トークが人気の理由。だが、NYではハメを外すこともあったといわれている。
 「さすがに男日照りで寂しかったのか、イケメンの米国人ビジネスマンらとブロードウェーで観劇デートしたり、マンハッタンの高層ビルで食事デートしていたとの情報もあります。また、米国流の派手なセクシーTバックを買っていたり、胸元を大きく露出したノースリーブで五番街を歩いていた」(テレビ特派員)

 実は大江アナ、「彼氏いない歴約10年」を公言している超清純派アナであることでも有名だ。
 今回『WBS』キャスター就任&日本帰国にあたり、お色気プランが練られているという。
 「おっぱい強調作戦です。かつて滝川クリステルが、斜め45度目線でニュースを読みブレイクした。大江アナには胸の谷間を強調したスーツで登場させることが非公式に話し合われているようです。サービス精神旺盛な大江アナが受諾すれば、『WBS』の視聴率が急上昇するのは必至。また、経済系ニュースが多いだけに、政財界の独身実業家らが大江アナとの接近→交際を狙って『モノにできないかな』などとヒソヒソ話をし始めているそうです」(民放テレビ局記者)

 モテモテの大江アナ!

関連記事
芸能新着記事