菜乃花 2018年10月04日号

LiLICoオススメ「肉食シネマ」 スウェーデンの星が演じる新しいターザン! 『ターザン:REBORN』

掲載日時 2016年08月08日 14時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年8月11日号

LiLICoオススメ「肉食シネマ」 スウェーデンの星が演じる新しいターザン! 『ターザン:REBORN』

 お疲れ様です。故郷のスウェーデンへ帰ってリフレッシュしてきました!
 プロレスラーである私を知ってる方でしたら、すでにご存知かと思いますが、今回は彼、渡瀬瑞基と一緒に帰る特別な夏になりました。瑞基は初海外でしたが、最高の経験になったらしく、今後も2人で大きな男を倒していきますので、応援をよろしくお願いしますね。

 さて、私はいつもスウェーデンへ帰るときには、どんな新しいスターが生まれたのかを必ずチェックしています。そんな中、最近一番嬉しかったのは、行かなくてもスウェーデンのスターに会えたことです!
 そのスターとは、アレクサンダー・スカルスガルド。あの名優ステラン・スカルスガルドの息子さん。子役で注目されたあと、しばらく役者を辞めていましたが、今はフルスロットルで活躍中。テレビドラマ『トゥルー・ブラッド』でスターダムの座を勝ち取り、米映画サイト『TC Candler』「世界で最もハンサムな顔100人」の常連でもあります。
 でも、実際に会った印象は、かなり冷静。“そんなの気にしながら仕事をすると醜い役ができなくなるから、振り回されないように気を付けている”など、落ち着いて自分のキャリアを見つめ、チヤホヤされていても天狗にならない。39歳、さすが芸歴が長い!

 アレクサンダーが今回、主演を務めたのは、あの『ターザン』。キャラクターはきっとみんな知ってると思います。ジャングルの中で生活し“あ〜ああ〜〜”って雄叫びを上げ、ジェーンという恋人がいる。情報としてはそんな感じでしょうか。
 しかし、今作はそんなイメージが覆るほどのびっくりな展開! なんと、ターザンはジャングルどころかイギリスの貴族になっているんですから(笑)。このアイデアは気に入りました。

 そんなターザンではありますがご安心を! ちゃんとジャングルや自然の中で暮らす場面もあり、ジェーンもいます。2人が出会うシーンが大好き。“自然の中で暮らしていると、こうなります”ってツッコミを入れたくなっちゃいます。
 愛する人に守られたいジェーンと、愛する人を男らしく助けたいターザン。皆さんも、ジェーンはもちろん、アレクサンダーのルックスに、おそらく嫉妬し、私生活でのファッションや着こなし方をマネしたくなるはず。
 このターザンで彼を知って、スマートで気さくな性格の男を目指しましょう。きっと、モテますよ〜。

画像提供元:(C)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

■『ターザン:REBORN』
監督/デビッド・イェーツ 出演/アレクサンダー・スカルスガルド、サミュエル・L・ジャクソン、マーゴット・ロビー、ジャイモン・フンスー、ジム・ブロードベント他 配給/ワーナー・ブラザース映画 7月30日(土) 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー。
■『ハリー・ポッター』シリーズのデビッド・イェーツ監督が、古典小説『ターザン』を原作に、新たな冒険を描くアクションアドベンチャー。イギリスの貴族で実業家、美しい妻ジェーンと裕福な暮らしを送るジョンには、ターザンという別の名があった。生後間もなくアフリカのコンゴの密林で動物に育てられた過去がある彼は、英国政府から一目置かれる存在。しかしある時、故郷のジャングルを侵略された上に、妻をさらわれてしまう。妻と故郷を救うため、ターザンはジャングルへと戻ることを決意する。

LiLiCo:映画コメンテーター。ストックホルム出身、スウェーデン人の父と日本人の母を持つ。18歳で来日、1989年から芸能活動をスタート。TBS「大様のブランチ」「水曜プレミア」、CX「ノンストップ」などにレギュラー出演。ほかにもラジオ、トークショー、声優などマルチに活躍中。

関連タグ:LiLICoオススメ「肉食シネマ」

エンタメ新着記事

» もっと見る

LiLICoオススメ「肉食シネマ」 スウェーデンの星が演じる新しいターザン! 『ターザン:REBORN』

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP