噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲間由紀恵(40)エロスに関しては無愛想!

芸能・2020/03/04 22:00 / 掲載号 2020年3月12日号
噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲間由紀恵(40)エロスに関しては無愛想!

仲間由紀恵

閉じる

 今回は、長寿音楽番組『MUSIC FAIR』(フジ系)で司会を務める女優の仲間由紀恵。向井理主演のドラマ『10の秘密』(フジ系)ではヒロイン役を演じている。

 若い頃から、眼光にほどよい水気を含むものの、眼相に清潔感があってクールな印象なのは、好色性や淫蕩さとは無縁の証しで、性感・性欲のバロメーターとなる臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の膨らみも乏しく、性愛にはあまり積極的ではない女相だ。

 彼女の顔相の特徴は眉がとても長いことで、長い眉自体は良相で、深慮で温厚な気性の現れ。ただ女性の長眉は実家との結びつきが強く嫁ぎ先との縁が希薄で、夫に不満をもたらしがち。

 しかも彼女は一文字眉に近く、質実剛健でぶっきらぼう。家庭ではしっかり者の奥さんながら、ことエロスに関しては無愛想で、ムード作りや(甘えたり甘えられたりといった)性愛の機微に疎く、男性には味気なく感じられることが多い。

 反面、鼻下が短いのは男性の目にはチャーミングに映るモテ相で、髪の生え際のラインがやや乱れているのは「悪女」の素質あり。首にある目立つホクロも、求められれば惜しみなく与える博愛ボクロだ。

 また、上瞼ラインが目頭でひしゃげる眼形(特に右目)や、目頭に切れ込みがある(これも右目)のは、セックスに艶技や計算を持ち込める相で、モテ相であると同時に尻軽相でもある。

【官能度】は「3」寄りの「2」と低めだが、【モテ度】は「4」と高い。

 金甲(小鼻)の張りが弱く、口相にも勢いがあるとは言えず、回数をこなすセックスではない。強い眉相と広く濃いもみあげが精力を補っていて、【スタミナ度】は辛うじて「3」。

 先天的な膣道の形が現れる耳穴の下の溝が、狭くはないものの深く、口角(唇の両端)が自然な感じに上がっているのは後天的名器相で、トータルで観て【名器度】も「3」。

 ちなみに、彼女のように耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っているのは、絶頂時の膣収縮の激しい相で、男性側が実感できる【名器度】としては1ポイントアップだ。

 彼女は額が広く(知恵者だが、理屈っぽく理想が高い)、アゴ先が前に出て(男勝りの情熱家)、眉間が狭く(短気で神経質)、癒やし系とは言い難い。一方、家庭面では一文字眉の辛抱強さと堅実さはプラス要素で、相殺して【良妻度】は「2」寄りの「3」と観る。

 おとなしい臥蚕があげまん要素ながら、乏しい金甲と厚めの唇がマイナスで、強すぎる眉でも足を引っ張り、【あげまん度】は「1」寄りの「2」と低い。

 一文字眉を改善すれば、【官能度】【あげまん度】【良妻度】がアップするので、長眉に丸みをつけることを強くお薦めしたい。

***************************************
【劉飛昶プロフィール】劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事