松田聖子“三度目の離婚”兆候か…現在は夫と一緒に住んでいない?

芸能・2020/04/26 21:00 / 掲載号 2020年4月30日号
松田聖子“三度目の離婚”兆候か…現在は夫と一緒に住んでいない?

松田聖子

閉じる

 歌手の松田聖子が4月1日にデビュー40周年を迎えた。6月から節目のコンサートツアーをスタートする予定だが、新型コロナウイルス感染による自粛で開催が危ぶまれている。

「6月6日の『さいたまスーパーアリーナ』から始まる40周年記念ツアーは延期せざるを得ない状況です。聖子にとってはまさに“泣きっ面にコロナ”といったところ」(音楽関係者)

 聖子は1980年4月1日に『裸足の季節』で歌手デビューした。“聖子ちゃんカット”“ぶりっ子”などブームを巻き起こした一方で、男関係の話題も世間の耳目を集めた。

「デビュー前からのファンだった郷ひろみ、映画で共演した羽賀研二など、色恋のウワサは絶えませんでしたね」(女性誌記者)

 85年、神田正輝と結婚。翌年、長女の神田沙也加を出産したが、男性との浮名は相変わらず。89年には中森明菜の恋人だった近藤真彦と“ニューヨーク密会”、また、通訳の白人男性との不倫も囁かれた。97年1月に神田と離婚、翌年5月には早くも6歳年下の歯科医と電撃再婚した。

「それでも、聖子の男癖は収まらなかった。シンガーソングライターの原田真二との不倫疑惑が報じられました」(夕刊紙記者)

 歯科医とは2000年12月に離婚。わずか2年半の結婚生活だった。再々婚は12年6月、相手は慶応大学准教授(当時)だった。

「聖子は東京・世田谷区成城の豪邸に住んでいるのですが、現在、神奈川歯科大学の教授を務めている夫の姿は目撃されていません。三度目の離婚がマークされています」(前出の女性誌記者)

 芸能ライターの本多圭氏が語る。

「聖子の芸能界の育ての親で、7年前に他界した『サンミュージック』の相澤秀禎会長は生前、こう話していました。『上京して僕の自宅に下宿させましたが、聖子は生理用パンツまでお手伝いさんに洗わせていた』と。デビュー前からすでに問題児だったんです。聖子の芸能生活40年はヒット曲を出した反面、男性スキャンダルを肥しに生きてきた40年でもあります」

 男でバチが当たった?

関連記事
関連タグ
芸能新着記事