鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

銀座ママとの電撃離婚を予感させた 北村一輝の泥酔現場

掲載日時 2012年12月02日 14時00分 [芸能] / 掲載号 2012年12月6日号

 個性派俳優として女性に人気の北村一輝(43)が、27歳の時に入籍した夫人と今年初めに離婚していたことが報じられた。「生活がすれ違いだった」というのが理由だが、実は昨年暮れに「離婚秒読みか」とも噂されていたのだ。

 大阪生まれの北村は、役者を目指して19歳で上京。オーディションに落ちまくって挫折し、4年間も海外を放浪した経歴を持っているが、帰国後、俳優業を再開した頃に出会ったのが、今回別れた妻だったという。
 「当時、北村は銀座のクラブママをしていた彼女に、見初められる形で入籍した。結婚後は妻にもらったベンツを乗り回し、『あんなでかい車を乗り回すのは、芸能界でも羽賀研二か北村だけ』と言われたほど。前妻は、不遇の時代を支えた女性だったのです」(知人)

 売れない役者が、水商売の女性に養ってもらうというのはよくあること。だが、北村の場合は少し事情が違ったようだ。
 「長男(俳優の北村将清)ができて妻が勤めを辞めたのか、北村はヒモに徹することなく、新宿伊勢丹近くのバーでバーテンをしていた。普及し始めた携帯電話すら持たずに働いていたため、『メール不倫をしない操でも立てているの?』とからかわれるほど、夫婦仲が良かったのです」(前同)

 また、別の知人によれば、「役者バカの北村はよくモテたが、その後も奥さん一筋だった」という。だが、そんな北村の様子が明らかに変わったのが、昨年暮れだったのである。
 「実は新宿二丁目に役者が経営する会員制バーがあるのです。同店は俳優の遠藤憲一が、よく美女を引き連れ来店することでも知られているが、北村は昨年暮れにこの店に来店。わけありそうな女性連れで泥酔状態だった。このため常連客の間では『夫婦関係が厳しそう』『離婚秒読みか?』と噂されていたのです」(前同)

 どちらにしても、今後さらに北村人気が過熱することだけは間違いない。

芸能新着記事

» もっと見る

銀座ママとの電撃離婚を予感させた 北村一輝の泥酔現場

Close

▲ PAGE TOP