葉加瀬マイ 2018年11月29日号

地獄耳! 巨乳女子アナだらしない熱帯夜の淫乱素顔(1) 水卜麻美、相内優香

掲載日時 2016年09月01日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年9月8日号

地獄耳! 巨乳女子アナだらしない熱帯夜の淫乱素顔(1) 水卜麻美、相内優香

 「本来、才色兼備で自己管理能力も高いはずの女子アナが、この猛暑によってビールや高カロリーの食事といった夜遊びの誘惑に負け、気付けば豊かなお肉を蓄えてしまっている。そのぽっちゃりの容姿が、視聴者をホッとさせ、親しみを抱かせるとも言えますが、要は、生活習慣の乱れからくる“だらしない体”なわけですよ」(芸能ジャーナリスト・渡邊孝浩氏)
 要するに、私生活の乱れは性生活の乱れ。だらしない体が放つエッチな匂いに、我々の股間のセンサーは“ピン!”と反応してしまうということだ。

 実際、水卜麻美アナ(29)の私生活&性生活は、いろいろな意味で乱れている。
 「番組で見せる豪快な食べっぷりは、プライベートでも同じ。後輩アナらとの『水卜会』を定期的に開いては、食べまくり、飲みまくる。“軽く飲んで帰ろうか”という時でも、締めのラーメンは欠かさないといいますから、太るのも当然です」(日テレ関係者)

 この数年は、夏の『24時間テレビ』が近づくとダイエットを開始するのがお約束となっている。
 「多少はヤセるものの、毎年、“黄色いTシャツ”のピタピタな着こなしが話題になりますよね」(同)

 そして秋からはしっかりリバウンドしていくのも、お決まりのパターンだ。
 「現在のムチムチぶりは、おそらく過去最高。それでも、『ヒルナンデス!』では、膨らんだ二の腕を隠そうともせず、ピッタリニット姿でバストも強調してくれますからたまりません。先日放送された『幸せ!ボンビーガール』では、ノースリーブのアオザイ姿でバストと二の腕をモロ見せし、半裸でのマッサージシーンも披露するなど、見せたがりモードが加速しています」(テレビ雑誌記者)

 昨年7月には『ヒルナンデス!』で共演している関ジャニ∞の横山裕との熱愛報道が飛び出し“食いしん棒”ぶりも話題になった。
 「双方が熱愛関係を否定したことで、スポーツ紙や一部週刊誌の論調も“兄と妹のような関係”ということで落ち着き、今も番組共演を続けています。しかし、横山の自宅マンションに足繁く通い、一緒にトレーニングジムにまで通う姿がバッチリ捉えられていましたから、状況としては完全にクロです」(女性誌記者)

 むっちり度では、この水卜アナよりもはるかにヤバい領域に足を踏み入れてしまっているのが、テレ東の相内優香アナ(30)。
 現在は、夜の看板ニュース番組『ワールドビジネスサテライト』の「トレンドたまご」のコーナーを担当し、様々なロケ取材を行っている彼女だが、毎回のように、その迫力の巨乳ぶりが話題になってしまうのだ。

 最もエロかったのは、“不便で便利なテント”のリポートだ。
 「狭い1人用の超小型テント内から、その便利な機能を紹介していましたが、仰向けに横たわっても、推定Fカップの巨乳はテント状の見事な膨らみをキープ。4人用の広いテントに移ると開放感からか、うつ伏せで肘を立ててバストを寄せるグラビアポーズを見せるサービスぶり。白いブラウスの中で揺れるおっぱいに目を奪われましたね」(前出・テレビ雑誌記者)

 相内アナは、'08年の入社直後から“ポスト大橋未歩”として注目され、バラエティー番組やスポーツ番組などで活躍の場を広げていた。しかし、'11年、テレビ東京の同僚社員と、卓球日本代表選手・松平健太との二股交際が報じられてしまう。
 「報道後には、番組内で二股交際について突っ込まれ、“あれは事実じゃないんですけど、スポーツ番組を降板させられてしまいました”とネタにしました。やはりそれ以降、回ってくる仕事は地味な報道番組ばかり」(番組関係者)

 以後、堂々とデートなどができなくなったストレスからか、ボディーのボリュームが着実に増しているのだから、ファンにとっては結果オーライか。
 「嫌いな食べ物がほとんどないという相内アナのような女性は、セックスにおいてもタブーがなく貪欲で、男のどんな要望にも応えてくれるタイプ。最近は、男の噂はありませんが、あのむっちりとした肉体が、いつまでも空き家でいられるとは思えません」(同)

関連タグ:巨乳女子アナ

芸能新着記事

» もっと見る

地獄耳! 巨乳女子アナだらしない熱帯夜の淫乱素顔(1) 水卜麻美、相内優香

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP