和地つかさ 2018年9月27日号

貞淑美女タレントの性白書 夏目三久、加藤綾子、皆藤愛子、川田裕美、滝川クリステル 独身フリー女子アナ下半身は甘湿り!(1)

掲載日時 2016年12月10日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2016年12月15日号

貞淑美女タレントの性白書 夏目三久、加藤綾子、皆藤愛子、川田裕美、滝川クリステル 独身フリー女子アナ下半身は甘湿り!(1)

 「いくら“フリーになったから仕事を選べる、稼げるっ!!”と目論んでも、“需要”がなければどうしようもありません。それに、“賞味期限”というのもありますから」(民放テレビ局関係者)

 この夏、売れっ子タレント・有吉弘行との“デキちゃった婚”騒動が起きた『あさチャン!』(TBS系)、『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)などでおなじみの夏目三久(32)。
 「日刊スポーツが『有吉の子供 夏目三久アナ妊娠』とトップ一面で報じたのですが、数日後、ライバル紙のスポーツニッポンの取材に夏目が応え、日刊の記事を全面否定したのです」(芸能レポーター)

 さらに、ワイドショーなど、いつもはこの手の話に大騒ぎする芸能マスコミも、2人の交際が全くなかったかのように“沈黙”を決め込み、報道は一気に沈静化した。
 「この夏一番の“ミステリー”と言われましたが、水面下で彼女の所属事務所社長が動いていたのです。“芸能界のドン”と呼ばれている実力者です。芸能マスコミに“後追いNG”のプレッシャーをかけたのです」(芸能プロ関係者)

 この騒動後も、“何事もなかった”かのように順調に仕事を続けている夏目。
 「それでも、2年以上も前から“スープの冷めない距離”のマンションに住む2人の関係は、芸能関係者、とりわけ有吉が属するバラエティータレントの間では有名でした。日刊スポーツは11月24日付一面でお詫びと訂正を掲載し、“誤報”と認めましたが、今も彼女の前で“恋ばな”をするのはタブー。“一般論”でもダメだそうです」(芸能プロ関係者)

 そんな夏目は、10月から衛星放送『スカパー』のCMに出演。様々な憶測を呼んでいる。
 「共演の堺雅人は夏目と同じ事務所。“格”からいって堺との“バーター”でしょう。今後、キャスター業一本でいくのか、仕事の幅を広げていくかの二者択一の末、新しい仕事をチョイスした夏目への“ご祝儀”と見る向きもあります。もちろん、女優に転身するための布石ととらえてもいいと思います」(前出・民放テレビ局関係者)

 今年4月、フジテレビからフリーとなった“カトパン”の愛称で親しまれている加藤綾子(31)は、その夏目の“後釜”に決まったと、もっぱらの噂。
 「来年4月から『あさチャン!』にかわる朝の情報番組のメーンキャスターに内定したというのです。現在、メーンを務めている夏目が卒業する前提で夏頃から口説かれていた。カトパンはようやく引き受けることを決意したということです。ただ、これはあくまで“内定”であり、正式決定ではありません」(同)

 それにしても、加藤はフリー転向が功を奏して、稼ぎに稼ぎまくっている。
 「局アナ時代からの圧倒的な人気を考えれば当然ですが、カトパンはフリーになってから、立て続けにアサヒビールの発泡酒やシャープのスマホ『AQUOS』のCMに起用されました。また、花王のCMでは“スッピン”を披露しています。年間契約料は、各社(推定)4500万円。これに『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などの出演料を加えると、年収は1億5000万円以上稼いでいることになります」(女子アナウオッチャー)

 しかし、先頃、『ボクらの時代』(フジテレビ系)にフリーの大先輩・古舘伊知郎や宮根誠司と出演した際には、こう話していた。
 「自分のギャラについては知っていますけど、お金のためじゃないです」

 フリーになって半年――。早朝番組出演のため深夜に起床、夜明け前の出社を7年以上も続けてきた加藤の生活は一変。今では昼前に起きてゆっくりテレビを見たり、ジムに通ったり、読書の時間を取ることもできるようになったという。
 「自宅マンションの下にあるファミリーレストランで、1人? でのんびりとランチを楽しむ彼女の姿がよく目撃されています。メニュー表とにらめっこしている彼女は、いつも微笑みをたたえ、うれしそうにしているとのことです」(芸能レポーター)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

女子アナ新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 夏目三久、加藤綾子、皆藤愛子、川田裕美、滝川クリステル 独身フリー女子アナ下半身は甘湿り!(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP