葉月あや 2019年5月2日号

〈男と女の性犯罪実録調書〉③「親を殺す」と脅して強姦

掲載日時 2019年02月28日 00時00分 [官能] / 掲載号 2019年3月7日号

 小林が逮捕されたきっかけは、自分の芸能プロに所属すると言いながら、その約束を破った女性タレントの高石水帆さん(24)に対し、頬を平手打ちしたり、灰皿で殴って「秘密保持誓約書」を書かせた上、迷惑料50万円を請求したというものだった。
「お前、ナメているのか。もし、自分から連絡してこなけりゃ、ヤクザに頼んで拉致していたところだ」

 小林は「窓から飛び降りろ」「首を吊ってわびろ」などと、できもしないようなことを言って脅し、賠償金を支払うために風俗で働くことを提案。泣いて謝る水帆さんに対し、いつもの手口で全裸にし、陰部などをスマホで撮影した。
「警察に言うなよ。出てきたら、復讐するからな!」

 小林はカッターナイフを突き付け、はさみで乳首を切り取ろうとした。
「男はこんなとき、ヤラせれば怒りが収まるんだ」

 こんなことを言いながらフェラチオを強要すると、水帆さんが怯えきっていることに乗じて、2度にわたってセックスし、その様子を動画で撮影した。
「迷惑料として50万円払え。月々5万円返せばいい」

 小林はその担保として、水帆さんに家族や友人の連絡先を書かせ、「逃げたらお前の家族や友人を殺すからな」と脅した。

 さらに3度目のセックスに及び、「金を払わなかったら、毎回ヤルからな」とクギを刺した。

 水帆さんは思い悩んだ末、1週間後に交際相手に打ち明けた。2人は警察に駆け込み、水帆さんの件で事務所に家宅捜索が入り、小林のスマホから複数の強姦被害者の動画が見つかった。

 ここからは堰を切ったように逮捕が続き、同様の被害に遭っていた声優の女性(32)に対する強姦致傷などの疑いで再逮捕。彼女は「表舞台にいたいなら、このことをしゃべるな」と口止めされていた。

 さらに、テレビで逮捕のニュースを知った元所属タレントの女性(20)が名乗り出て、強姦容疑などで3度目の逮捕。彼女は「親を殺されるか、オレにヤラれるか」と迫られた上、現金を脅し取られていた。

 その後、松本由美さんに対する強姦容疑も発覚し、別の女性タレント(29)に対する強姦未遂容疑でも逮捕された。

 結局、小林は計5人の女性に対する強姦罪などで起訴されたが、「すべて合意の上だった。暴行や脅迫はしていない」と言い張った。

 しかし、裁判所は「被害者らを愚弄するような弁解に終始しており、反省の情は皆無である」と断罪し、懲役23年を言い渡した。

 まるで芸能プロの仮面をかぶった性犯罪組織だ。ちなみに小林の正体は、かつて振り込め詐欺グループでリーダー格だった元暴力団幹部だった。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書


官能新着記事

» もっと見る

〈男と女の性犯罪実録調書〉③「親を殺す」と脅して強姦

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP