貞淑美女タレントの性白書 西内まりや 新パンチラ美脚歌姫を身体検査した!(1)

芸能・2015/03/04 20:00 / 掲載号 2015年3月12日号

 「事務所は“ポスト・安室奈美恵”として、大きな期待をしています」(音楽関係者)

 モデルで歌手の西内まりや(21)が先頃、川崎市のラゾーナ川崎で新曲『7 WONDERS』の発売記念イベントを行った。
 あいにくの悪天候、寒空にもかかわらず、パンティーが見えそうな“ヒザ上20センチ”のミニスカ姿で、
 「みんな寒い中で待っていてくれたから、私も“生足”にしました」
 と挨拶。
 そして、昨年末に『日本レコード大賞・最優秀新人賞』を受賞したことに触れ、
 「最優秀新人賞を頂けたのは皆さんのおかげ」
 と深々と頭を下げ、今年の目標に『NHK紅白歌合戦』の初出場と、単独公演開催を掲げた。
 「ま、レコ大の受賞は“事務所の力”で取ったようなものなんですけどね。いずれにせよ、今年が勝負の年になると思います」(芸能記者)

 10代女子の“なりたい顔ナンバー1”にも選ばれ、ファッションリーダーでもある西内は、1993年12月24日、福岡県生まれの21歳だ。
 「クリスマスイブに生まれたので、聖母マリアにちなんで“まりや”と名付けられたそうです。5歳上の姉はモデルの西内ひろ。こちらは“バレンタインデー”が誕生日で“イベント姉妹”としても有名です」(モデル関係者)

 プロフィールには、身長170センチ、スリーサイズは上からB80・W58・H83とあるが、これは両親のDNAを受け継いだ証しだといわれている。
 「両親ともにスポーツの愛好者。お父さんは身長180センチで、バレーボールやバスケットボールをしていました。お母さんも身長170センチで、水泳の元国体選手として優勝経験もあるそうです。その他にも親戚には、ラグビーやボート、バドミントンの全国レベルだった選手もいるというスポーツ・ファミリーです」(テレビ局関係者)

 西内も5歳の頃から母親が経営するスイミングスクールで泳ぎ、体を鍛えていたという。
 「食事は毎朝、お茶碗にてんこ盛りにしたご飯に、納豆とタマゴ、ネギをのせてモリモリ食べ、プロテインも欠かさず飲み、体をつくっていったそうです。夢はオリンピックの金メダリストで、持久力アップと疲労回復のために、梅干しもセッセと食べていたそうですから健康美も当然でしょう」(芸能プロ関係者)

関連記事
関連タグ
芸能新着記事