菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 ベッキー CM全滅か損害5億円の秘策に裸一貫ヘアヌード(3)

掲載日時 2016年02月05日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年2月11日号

貞淑美女タレントの性白書 ベッキー CM全滅か損害5億円の秘策に裸一貫ヘアヌード(3)

 あまりにも高い不倫の代償となってしまったが、これまで、男関係はどんな具合だったのか。
 「妻夫木聡との密会、漫才コンビ『オードリー』の若林正恭、『嵐』の大野智、『EXILE』のMAKIDAI、『ウーマンラッシュアワー』の村本大輔らとの関係が取り沙汰されました」(ワイドショー関係者)

 とりわけ、“意中の人”と目されていたのがMAKIDAIだった。
 「2人はスポーツジムが一緒ということで知り合い仲良くなった。そこで、よく“いちゃついている”との情報もあってマークしましたが、決定的瞬間をキャッチすることはできませんでした」(写真誌カメラマン)

 そして、今回の相手、川谷へと続くわけだが、3年前に発売した自伝本『ゆめの音色』(エムオン・エンタテインメント)の中でベッキーは、こんな恋愛観を告白していた。
 『意外かもしれないですけど、恋愛は燃え上がりタイプです。(寝ても冷めても)好きな人のことを考えますね。もうホントに気持ちは一直線』
 『彼女がいる人を好きになることはないです。たとえちょっといいなと思っても、彼女がいるらしいってなったら、撤収ですね』

 もっとも、その一方で、
 『ただ一回燃えたらズワーッと火が大きくなるよ、という感じです』
 と、まさに今回の不倫騒動を予言するような正確な自己分析を行っていたのだ。
 「ベッキーは女子会仲間の森カンナ、吉高由里子、『森三中』黒沢かずこなどに川谷との恋愛を相談。女子会メンバーは口を揃えて『不倫だからやめた方がいい』と反対していたんですけどね。やはり、かつて大親友だった上戸彩が結婚して幸福になっていることに、嫉妬と焦りを感じたのでしょう」(前出・芸能記者)

 今後、ベッキーはどうなるのか。
 「CMはもちろんのこと、テレビのレギュラーもなくなって、ちょっと“干された”状況になると思います。下着モデル出身なんですから、初心にかえって“素っ裸”で出直せばいいんです」(芸能関係者)

 早ければこの夏にもヘアヌード!?

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 ベッキー CM全滅か損害5億円の秘策に裸一貫ヘアヌード(3)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP