林ゆめ 2018年12月6日号

40歳以上必読 意外と知らない3大勃起薬その特長を徹底解剖! 〜シアリス、レビトラ、バイアグラ〜(2)

掲載日時 2013年02月12日 12時00分 [エンタメ] / 掲載号 2013年2月14日号

 まずは、かの有名な『バイアグラ』から。
 「日本では、1999年に製薬会社ファイザーから発売された、史上初の飲むED治療薬です。世界シェアの約50%を占め、その特長は“ほぼ万人に効く”という点。初めてED治療薬を飲む方には、バイアグラをオススメします」

 初心者にバイアグラを薦める理由は、効果の表れ方が“自然”なことだという。
 「ED治療薬を初めて飲んだ方の中には、効果が強すぎて、ペニスに違和感を覚えることがあるのです。自分の意思よりもペニスが硬くなり、自分のイチモツではないような錯覚に陥ることがあるんですね。個人差はありますが、バイアグラはほかの2つに比べてより“自然な勃起”を与えてくれます。それでも副作用として頭痛、動悸、顔の火照りが起こることもあるので、最初のうちはバイアグラ50 
mg一錠を半分に割って服用しても構いません」

 服用方法は必ず“食前”に飲むこと。もっといえば、空腹時がベストだ。
 「食前であってもまだ胃に食べたものが残っていたり、その前に脂っこいものを食べていたりすると、効果は薄れるのです。このことも知らない人が多いですね」

 胃が空っぽに近い状態の方が、当然、薬の成分も浸透しやすいのだ。
 「服用すると、平均的に30分から40分ほどで自覚できる効果が表れはじめ、1時間後には効果のピークに達します。そこから先は緩やかに落ちていき、3〜4時間後にはピークの半分ほどになります。だから、SEXに及ぶ1時間前に飲むのが一番ですね」

 ちなみにいまだに「バイアグラを飲むと死ぬ」といった“都市伝説”を信じている人がいる。コレも全くの誤解である。
 「バイアグラが世に出た当初、60代の男性が友人からもらった一錠を服用後に性行為に及び、しばらくして倒れてしまいました。その後に亡くなられたのですね。このことからバイアグラは危険な薬といった情報が流れたのですが、厚生労働省は『因果関係は不明』としています。この男性の場合、高血圧と糖尿病を患い、しかも不整脈の治療中で、ニトログリセリン系の薬を使用していたという事実がありました」

 バイアグラなどのED治療薬は、ほとんどの薬と併用が可能。しかし唯一例外なのは、狭心症や心筋梗塞など心臓病の治療で使用されるニトログリセリンだ。
 「ニトログリセリン系の薬はバイアグラと同様、血管を拡張して血行を促すものなのです。つまり、この2つを併用すると、薬の効果がダブルで効いて、血圧を下げすぎてしまうのです。あまりに血圧が降下すると生命に危険が及びます」

 ニトログリセリン系の薬だけは併用がダメ。しっかりと頭に叩き込んでおこう。

関連タグ:3大勃起薬


エンタメ新着記事

» もっと見る

40歳以上必読 意外と知らない3大勃起薬その特長を徹底解剖! 〜シアリス、レビトラ、バイアグラ〜(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP