森咲智美 2018年11月22日号

女子高生の顔に劇薬を噴射! 残虐“お礼参り”覆面ストーカー(1)

掲載日時 2016年03月26日 23時00分 [事件] / 掲載号 2016年3月21日号

 駅前の商店街の朝、通勤や通学する人たちが往来する中、美少女アニメの顔型をしたシリコン製マスクにサングラスをかけ、ニット帽をかぶった異様な人物が自転車で行ったり来たりしていた。
 そこへやってきたのが被害者の女子高生・高田美和さん(18)。シリコンマスクの不審者は彼女とすれ違うや自転車で追い掛け、いきなり顔面にスプレーで液体を吹きかけた。
 「ギャーッ、熱い!!」
 なおも髪の毛をつかんで引きずり倒し、その上に覆いかぶさって得体の知れない液体を執拗にかけまくった。美和さんは両手で顔を隠すのが精一杯だった。助けに入った同級生の女子高生(18)も液体に触れてケガをした。

 液体は水酸化ナトリウムで、タンパク質に素早く反応して溶かす苛性ソーダとも呼ばれている劇薬だ。触れると皮膚がただれ、目に入れば失明の恐れもある。
 そんな恐ろしいものをまき散らしたのは元薬剤師の上田和弘(43)。約1年前に美和さんに対するストーカー行為で有罪判決を言い渡された男だった。

 警察は真っ先に上田の関与を疑い、商店街の防犯カメラに異様ないでたちの犯人が映っているのを確認。さらに聞き込み捜査を進めたところ、事件からわずか5分後に現場近くの弁当店の横にある郵便ポストにレターパック2通を無理やり押し込もうとしている不審な男がいたことを突き止めた。その店主に上田の写真を見せたところ、「この男です」と証言した。
 「声を掛けると『集配が来たら渡しといてくれ』と言って、自転車で走り去りました。宛先が特定の郵便局留めになっていて、差出人と受取人はいずれも同じ名字の人物でした」

 警察が宛先として書かれていた郵便局に先回りして待ち構えていたところ、上田が現れたので傷害容疑で逮捕した。
 レターパックの中からは犯行に使われたとみられるシリコンマスク、サングラス、ニット帽、ネックウォーマーが見つかった。
 レターパックに使用していたセロテープからは上田の右手の指紋が検出され、サングラスには犯行で使用された水酸化ナトリウムの成分が付着していた。ネックウォーマーには人の唾液が付着しており、それは上田のDNAと一致した。
 さらに家宅捜索の結果、水酸化ナトリウムを購入した際のレシートを発見。インターネットでシリコンマスクを購入した記録も見つかった。その上、上田のスマホからは犯行現場近くのポストやトイレの場所を検索した履歴が見つかり、美和さんの通学先のバスの時刻表が保存されていた。

 状況証拠は真っ黒。それなのに上田は「犯行時間には現場にいなかった。なぜ逮捕されるのか分かりません」と関与を否定した。
 「変装していた犯人の顔を見た奴がいるのか。レターパックやネックウォーマーは事件前に家から盗まれていたものだ。シリコンマスクは果樹園でカカシを作るために購入したものだ」

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

女子高生の顔に劇薬を噴射! 残虐“お礼参り”覆面ストーカー(1)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP