菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 水川あさみ(34) 情愛が深い「床上手」女優!?

掲載日時 2017年12月29日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年1月4日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 水川あさみ(34) 情愛が深い「床上手」女優!?

 今回取り上げるのは、先頃、写真週刊誌で俳優・窪田正孝との同棲が報じられた、女優の水川あさみ。
 目鼻が大きく、眉が直線的で毛並みが粗く、渇き気味の眼光に強い目力と、いわゆる「男顔」で、内面もなかなか男性的だ。
 アゴ先の肉が盛り上がり、下唇の間に逆U字のシワが入る相も、男性に多い仕事好きの相で、強い気骨と成功運を備えている。
 一方、彼女は耳が肉厚で大きく、安定(結婚)指向がかなり強い。下アゴががっしりしていて、頬からアゴ先にかけてが広く、包容力のある、豊かな家庭愛の持ち主だ。

 今回の同棲報道を相学的に推察すると、窪田が男性には稀な富士額で、性格の強い女性に(特に性愛面で)引っ張られがちな相をしており、5歳年上で結婚モードの水川が、窪田の「男」を立てつつ、母性愛で包み込んで自分のペースに持ち込んだ感が強い。
 直情的(高い耳)で(鼻相から)高い闘争性を秘め、利己的(上瞼相)なところもある窪田と結婚できたとしても、水川ばかりが譲歩し、おもり役を強いられそうだ。

 彼女は下唇に歓待紋(細かな縦皺)が多く、目頭に切れ込みがあって、ベッドに上がれば相手の欲情を先読みして合わせられる、いわゆる「床上手」。厚い唇に情愛の深さが現れ、若い頃から下瞼の目頭部分がふっくらと膨らんで、性感は申し分ない。
 切れ長の目なので、官能が起動するまでに時間は要するも、準頭(鼻の頭)が丸々と肉付きよく、交わりの最中は気取らず、喜悦に没頭する。
 受動愛・自己愛の下唇がぽってりと厚く、頬骨が出っ張らず、内実は男性にリードされたい性愛で、(乾いた眼光とアゴの相から)仕事のときと2人きりになったときとでは、ガラリと様子が変わる女相だ。
 金甲(小鼻)の張りがよく、肉厚でもあって、前述の広いアゴ相からも、スタミナは十分。【淫乱度】【絶倫度】ともに、「3」寄りの「4」と高い。

 先天的名器度が現れる、耳穴の下のミゾが平凡ながら、口元の肉付きはよく、後天的名器度は高い。やや狭めの目間がプラス要素で、【名器度】としては「3」。
 下瞼のラインが目尻で上がり気味なのは、あげまん要素。おとなしめの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)と金甲相がプラス要素ながら、勢いのある口相と一文字眉が大きくマイナスで、【あげまん度】は「3」寄りの「2」。
 右の首筋にあるホクロは博愛ボクロで、異性から好意を寄せられると、さほどその気はなくとも同情心に負けて関係を持ちがち。厚い唇も多情の相ながら、他にこれといった尻軽相はなく、強い眉相が抑止力にもなって、【尻軽度】も「2」となった。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 水川あさみ(34) 情愛が深い「床上手」女優!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP