林ゆめ 2018年12月6日号

【14日Uターンラッシュ見込み】お盆ラッシュの渋滞ポイントの“理由”を知っておく

掲載日時 2018年08月14日 08時43分 [社会] / 提供元 リアルライブ

【14日Uターンラッシュ見込み】お盆ラッシュの渋滞ポイントの“理由”を知っておく

 お盆の帰省ラッシュ、Uターンラッシュに引っかかる人も多いだろう。ラジオの道路交通情報を聴くと、いつも同じポイントが渋滞していることに気がつく。

 東名高速道路では、上り線の大和トンネル付近が有名だ。中央自動車道で言うと小仏トンネルの名前をよく聞く。一見変哲のないポイントに見えるが、なぜ渋滞が起きるのだろうか。

 まずトンネルに入ると、自然とスピードを落とそうとする意識がドライバーに働くと言われている。トンネル近くの車の数が多いと、車が連なり渋滞が起きてしまうのだ。東名道の大和トンネルの場合は、直前まではゆるやかな下り坂となっており、トンネル付近で勾配がなくなる。走っていると気づかないほどだが、この時に自然とスピードが落ち、渋滞につながっているとも言われる。

 大和トンネルのそばにある綾瀬バス停付近も渋滞ポイントだ。この一帯はトンネルやバス停のほか、サービスエリアもあり、車が一定の速度で走りにくい場所だと言える。これが原因で渋滞が起こっているのだ。

 現在はカーナビゲーションの発達で極端な渋滞は起きにくくなった。だがかつては100キロ超えの渋滞も珍しくなかった。お盆の渋滞としては、1990年に中国自動車道の山崎ICから、名神高速道路の瀬田西ICにかけて発生した135キロという記録がある。さらに近年でも2006年8月に、東北自動車道の下り線・那須高原ICを先頭に113.2キロの渋滞が発生した。これはお盆時期だったのに加え、交通事故が発生したことが原因だった。

 せっかくの帰省や行楽が、渋滞で台なしとならないよう、交通情報や渋滞予想はこまめにチェックしたいものだ。

関連記事
高速道路、大型トラックで「ながらスマホ」…後を絶たない死亡事故 刑期に疑問の声も
またもトラック運転手が「ながらスマホ」で死亡事故発生 “少しだけ”が引き起こした最悪の事態
高松の消防所長が飲酒運転の末、ひき逃げ
酒気帯び運転で懲戒免職の元千葉県職員が逆転勝訴
植物状態にある人間の意思がわかる? 英国研究チームの最新鋭技術とは!?

社会新着記事

» もっと見る

【14日Uターンラッシュ見込み】お盆ラッシュの渋滞ポイントの“理由”を知っておく

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP